夏期スクーリングの体験記

3日間のご指導、本当にありがとうございました。日頃からたいへん緊張しやすい性格の子で、少しでも人前で話すことに慣れさせたいと思い受講を決めました。

案の定、初日の開講前は「おなかが痛い」「お休みしたい」と言って行くのをしぶっていました。ところが、いったん始まってしまうと「けっこう楽しかった」と言って次の日を楽しみにするようになりました。

これまで「自分で話す」ということの指導には苦労してきました。母親のわたしがほめたりおだてたりして自信をつけさせようとしましたが、子ども本人がやる気を起こしてくれず、あまり効果をあげられませんでした。

ところがこの講座では、お友だちみんなで楽しく取り組んだことがよかったようで、他のお友だちを見ているうちに、ご挨拶をきちんとすること・上手にお話をすることが素敵でほめられることなのだとやっと気づいたようです。そして自分もほめられるようなご挨拶をしてみたいと思い始めたようです。

3日目の劇での子どものセリフも、正直なところ「あらら・・」と思った箇所が多くありましたが、子ども本人はやりとげた満足の笑顔だったので、細かいことは気にするのはやめよう、それよりも堂々とやれたということをほめてやらなくては、と思いました。

先生もおっしゃっていましたが、自分でやれたんだと思うことが自信につながっていくのだと思いますし、その意味で、3日間の短い日程でしたが、いい経験をたくさん得られた意義深い講座だったと思います。また、ご一緒したお子さまたちの生き生きした様子を毎日拝見するのも楽しみでした。みなさまそれぞれのご健闘を心からお祈りしたいと思います。


戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.