夏期スクーリングの体験記

だんだんと秋の気配が感じられる今日この頃、先生方におかれましてはおかわりなくお過ごしのことと存じます。

夏の三日間は大変お世話になりました。小学校受験のための教室通いをしていなかった息子にとりまして初めての「お教室通い」となりましたが本人はとても楽しんでいた様子です。

物怖じしない性格ですが、スクーリングの前日には「心臓がドキドキしているよ。」と多少緊張していました。夏休みに体験したことを発表するための練習をしようと持ちかけましても「緊張しちゃうからやりたくないな。」などと申しており、普段感じることのない緊張感を持っていたようです。

エレベーターで教室に着いた途端に息子の態度が『お教室モード』になるのには少々驚きましたがそれも一瞬で、お友達と会うと会えてうれしい喜びを爆発させて盛り上がってしまいました。喜怒哀楽の表現が激しく、楽しいとすぐに調子に乗って大声ではしゃいでしまう息子に、「小学校受験では楽しい場面でも自制できるかどうかもポイント」という先生のお言葉は私にとっては耳の痛いものでした。

正直申しまして、息子には小学校受験は向いてないと再認識させられたような気がいたします。勉強することが好きな彼にいい環境をと思い小学校受験を考えましたが、要領よくてきぱきと物事を処理していく能力はあまりない彼には、小学校受験は酷なのかなと母親としては弱気になっております。

それはともかく、スクーリング自体は参加してよかったと思っております。幼稚園の周りのお友達に小学校受験する子があまりいないので、この三日間はいい経験になったことは間違いありません。母親へのフィードバックも丁寧にしてくださったと感謝しております。

弱気になりつつも、これからもエスポワールのプライム会員として教材をこなしていきたいと思っております。

ありがとうございました。


戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.