夏期スクーリングの体験記

夏期スクーリングでは、娘が大変お世話になり、どうもありがとうございました。

3日間、時間にして約4時間半という、非常に短いものではありましたが、中身の濃い、それはそれは充実した時間となりました。この春、突然小学校受験を思い立ち、どこの幼児教室にも通わず、家庭での学習のみでやって参りました。母親である私は、帰宅も7時過ぎになることが多く、受験準備もなかなかはかどりません。幸い、私の両親と同居致しておりますので、私の至らない点は補って貰っております。

このような状況ですので、常に不安が付きまといます。そこで、少しの間でも、同じ目的を持つ子ども達と一緒に「お教室」に通うということをやらせてみたく、スクーリングに参加することに致しました。結果は、思った以上のものでした。子どもは3日間、「エスポワール、楽しい!」と言っておりましたし、帰宅すればすぐに、私を生徒に、自分は伸子先生となって、その日にやったことを再現していました。スクーリング終了後も、毎日胸に名札を付け、出席カードを部屋に飾り、「もっと行きたい!」と言っております。

そして何より、客観的な講評を戴いたことが大きな励みになりました。先ほど申し上げました通り、今までは家の中だけで問題を解いているばかり(それも遅々として進まないのですが)で、特に何もしておりません。ですので、勿論、良くない評価もありましたが、思わぬ好評を頂戴すると、私が余り構ってやれなくても、子どもはちゃんと成長していてくれたのだ、ととても嬉しくなりました。少し欲が出てきてしまったので、この興奮(?)を早く冷まし、冷静な状態に戻らなくては、と自戒しております。

余りにも素晴らしいスクーリングでしたので、もっと早くからエスポワールの存在を知っていれば、と後悔しきりです。結果はどうあれ、本番では、スクーリングで得た自信を持って臨ませたいと思っております。

最後に、今回ご一緒出来た子ども達、お母さま方のご健闘をお祈り申し上げたいと存じます。エスポワールの先生方、本当に有難うございました。


戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.