小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 200日目

親も実際に喋りながら面接の練習をしよう

おはようございます。

神奈川県の小学校を受験する方は、早いところでは今週から事前面接が始まります。

9月中旬〜10月上旬に親子面接もしくは保護者面接があり、10月19日に本試験、翌20日に合格発表がある学校が多いのです。

既に各ご家庭では、子供の模擬面接は十分に練習を積んでいると思います。

聞かれたことに対しては、相手の目を見てハキハキと答えられるようになっていますよね。

質問が聞き取れない時、質問の意味が解らない時、答が見つからない時の対処法は大丈夫かな?

過去のメルマガにも書きましたが、解らない時に黙ってしまったり、モジモジしてはいけません。

答が見つからない時は胸を張って…

「解りません!」

と言えるようにしましょう。

解りません!も立派な返答なのです。

ちゃんと意思表示ができれば、相手は易しく言い直してくれたり、次の質問に移ってくれます。

親子面接での子供への質問は、氏名、園名、親に叱られたことや誉められたこと、お友達の名前、園での遊びなど、難しく考えなくても答えられるようなものが多いです。

質問と答が決まっているので、条件反射的に答えられるように練習を積めば、面接では余裕で受け答えができるようになります。

問題は保護者ですね。

頭の中が真っ白になる人が多いのです。

練習しておいたつもりなのに…

「え〜と、そうですね、ん〜、それについてはですね、ちょっと待ってください。え〜、あの〜、その〜」

見かねた面接官に…

「お父さん、そんなに緊張されなくても大丈夫ですよ」

と言われてしまいます。

殆どの方は、過去問を参考に想定問答集を作って、面接の数日前から通勤途上の電車の中でブツブツと練習をしているだけです。

緊張しやすい方が、心の中でブツブツ言いながら練習してもダメですよ。

面接が苦手な親は…

●実際に口に出して練習すること

●緊張すると早口になるので、練習時からゆっくり話すこと

この2点に注意をして練習をすれば大丈夫です。

(明日に続きます)

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.