小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 187日目

ご質問への回答(後編)

おはようございます。

昨日の続きです。

Q.幼児教室で息子ができないとクラスメイトから「そんなこともできないのか!」「一年生になれないよ!」と暴言を吐かれ、先生もその子のお母様も注意をしませんでした。

A.暴言を放置するような所は、人間の通うところではありません。

Q.姉が通って妹が同じ学校を受験する場合、同じ対策でよいのでしょうか。面接で難しい質問が出るのでしょうか。

A.全てが同じです。

Q.お教室の早実特訓ではいつも時間切れです。機敏に動けるようになる方法はありますか。親の面接はどの程度影響しますか。

A.幼児教室の時間配分と実際の試験では違いますよ。幼児教室は短いです。子供を信じて励ましましょう。面接では親の社会的な地位と学費や寄付金の支払い能力を読み取ります。

Q.ブラウスのカラーは白やクリーム色などもあり、セレクトに迷っております。どのように洋服を選ぶのが高倍率の学校で吉と出るのでしょうか。

A.服装は無難で、顔や態度がピカピカと輝いていると吉と出ます。

Q.2歳にはどの様な躾、教育、お手伝いをしているのでしょうか?何か参考になる躾、接し方等教えていただければ幸いです。

A.一緒に遊んで、たくさん抱っこすること。一番大切なことは、たくさん笑わせることです。それ以外は不要です。

Q.入試一ヶ月前はどんな事に気をつけて毎日を過ごしたらいいか、教えて頂きたいです。

A.親が焦らずビビらずに平常心を保つだけです。

Q.ペーパーは満点で行動観察は最悪な娘です。妻が幼児教室に同行した日はふざけて、私が同行する日は打って変わって真面目になります。どのように躾ければ良いのでしょうか。

A.お嬢さんは甘えん坊で、お父さんが大好きなんですね。奥さんは受験ストレスもある上に2歳の坊やの面倒を見なければなりません。奥さんとお嬢さんとの間に壁ができたために注意を向けたくて反発しているのです。あと2ヶ月なので見守りましょう。お嬢さんは賢いので入試ではキッチリと決めますから大丈夫です。

Q.多動のお子さんの指導法と、双子の受験についての先生の考え方を教えてください。

A.周りのお友達を見て気付くようにしていますが、本人も歯を食いしばって周りと同調しようとします。それに慣れて楽になるお子さんと、慣れずに苦痛のままのお子さんもいます。苦痛の継続は良くないので、その場合は退会して頂きます。

双子の場合は、別々の学校へ行くことには賛成しません。二人を受け入れてくれる学校がなければ、公立小がベストです。一人だけ名門小に受かって私に相談に来たならば、辞退するようにアドバイスをします。本人が志した受験ではなく、親が勝手に決めた受験なので差別は良くないです。

Q.会社の採用担当をしています。大学附属上がりの方々は社会に出てから精神的に弱いので、同じ大学卒なら大学受験組を採用します。これからの日本の未来を託す人材は、私立小学校からは輩出しにくいのではと考えます。ご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。

A.早実中出身の早稲田と大学から早稲田の友人がゴロゴロいますが、私にはどちらが精神的に強いか弱いかの区別はできません。個人的には人それぞれかなと思っています。

以上で全てのご質問に回答したつもりですが、回答がない方がいらっしゃいましたら教えてください。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.