小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 162日目

親の都合で勉強の習慣をいじらない

おはようございます。

早いもので、息子は今週末から、娘は来週の水曜日から夏休みです。

皆さんは夏休みの計画を立てていますか?

入試まで残すところ3ヶ月半なので、一気に追い込みをかけたくなりますよね。

ペーパーの枚数を2倍、3倍と増やす方もいます。

私ですか?

何も変えませんでした。

勉強を始めた年中の11月より、学習時間はずーっと1時間前後のままです。

もちろん、土曜日と日曜日の勉強は夏休みでも基本的にお休みです。

増やさない理由は何だと思いますか?

理由はいくつかありますが…

夏休みだから増やしたり、家庭の都合のために減らしたりと、親の都合で勉強の習慣をいじりたくないからです。

勉強は秋の“お受験”のためではなく、その後もずーっと続きますよね。

永遠に続くものなので、毎日1時間×平日5日間は変えません。

机に向かうペーパーの勉強は1時間ですが、過去のメルマガに書いたとおり、夏休みならではの課外授業はたくさんあります。

1日に1時間なので、息子の私に対する不平不満はないと思いますよ(笑)

息子も1時間という限られた時間、限られた分量の学習だと理解しているので、ダラダラせず集中しやすいはずです。

これだけのプリントを終わらせれば今日の勉強は終わりなんだなぁ〜と思えば、苦手な分野でも…

「よーし、やっつけるぞ!」

と攻撃的に立ち向かえますので、克服できるまでの時間は短く済むような気がしています。

主体的に学習計画を立てて、主体的に取り組み、集中しながら確実に終わらせるには、年齢から考えると1日に1時間がベストなのでしょう。

この学習計画で成績が悪いようなら、小学校受験にご縁がなかったものとして潔く諦めるつもりでした。

幸いにも報われましたが、仮に失敗したとしても、次に繋がる大きなものを残したという自信と誇りはあります。

ダラダラと勉強して疲弊したり自信を喪失するよりも、1時間のウルトラ集中学習の方が効率が良いのです。

最後にとても重要なことを書きます。

1日に3時間も4時間も猛勉強させる親に限って、受験が終わった途端にパッタリと勉強を教えるのを止めてしまうケースが目立って多いです。

信じられないと思いますが、これは事実ですよ。

親子共に年長の11月で燃え尽きてしまうのです。

燃え尽きた日から怠惰な生活が始まりますので、その状態からもう一度立て直すのは容易ではありません。

そのような親子をたくさん見てきているので、我が家ではゴール設定のないマイペースの勉強を今日もコツコツと続けています。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

これより先は…

(1)段階別ワークABCの2巡目へ進む

(2)平行して、ひとりでとっくん365日のパラパラ学習法

(3)「有名小学校入試問題集」(伸芽会)を解いてみる

(4)志望校の過去問を買って解いてみる

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.