小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 156日目

立教女学院小学校の学校説明会に参加したよ

おはようございます。

昨日は立教女学院小学校の説明会に参加しました。

東京の入試の集中日は11月1日ですが、立教女学院小学校は11月4・5日(両日)とずれていますので、人気は高いです。

女子校狙いの方は、11月1日に白百合学園小学校や聖心女子学院初等科、東洋英和女学院小学部などの人気校を受験して、2〜3日に東京女学館小学校、そして、4・5日に光塩女子学院初等科か立教女学院小学校を受験する人も多いと思います。

同日程の光塩と立女、どちらを受験しようかと悩まれる親御さんは多いでしょうね。

さて、説明会の話に戻します。

最初に、見学者は礼拝堂に集められて、始業礼拝を見学します。

白いガウンと赤い帽子の聖歌隊、整然と行進する可愛い子供たちを見てウットリした見学者も多かったと思います。

その後は授業見学です。

そこでの子供たちのハチャメチャぶりには驚かされました。

1年生は自由闊達と言いますか、先生に対して全く遠慮せずに、何でもズケズケと発言していたのにはビックリしました。

その後に3年生を見学しましたが、お行儀の悪いこと悪いこと。

どこの小学校の学校見学でも、見学者がいたらお行儀を良くして、横目でチラッと気にする程度ですが、立女は後ろにのけぞって見学者を観察したり、好き放題でしたね。

雙葉や聖心などの女子校(小学校)出身のお母様がこの姿を見たらきっと頭がクラクラすると思います。

立女は制服もなく校風も自由奔放なので、ここは世間で言うところの女子校ではなく、男女別学の学校だと理解した方が納得しやすいです。それとも男子のいない共学校かな。

私は決して非難しているわけではありません。見ていて自由で楽しそうな学校だなぁ〜って思いました。

入試の傾向を書きます。

どんなにペーパーの勉強をしたとしても、天性の聡明さがなければ解くことができない、ひねりのある問題が多く含まれています。

個別考査では、子供の常識力、試験官とのコミュニケーション能力、親の躾具合を見る問題ばかりです。

運動は縄跳び等の高い身体能力を求めているのではなく普通かどうかの見極めが主で、自由遊びはお友達同士のコミュニケーションを見ています。

また、面接で好きな歌をこの場で歌ってごらんって聞いたりするのはこの学校くらいですね。

エスポワールでも、先週の授業は保護者が居並ぶの前での独唱でしたが、実はこの学校の過去問からピックアップしたものです。

学校側の説明で興味深かった話があります。

それは教頭先生のお話だったのですが…

「身上書を校長に送られる方がいますが、そのようなことはしないでください。願書に書けるような欄がありますので、そちらにご記入ください」

とのことです。

お話の流れから、身上書は送られても見ませんのでご遠慮くださいで終わりだと思ったのですが…

やはり親の経歴やお仕事の内容は気になるようです。

立教女学院小学校の合格のコツは…

●ひねり問題が解ける賢い頭脳

●先生やお友達との高いコミュニケーション能力

●親の経歴と職業(主に収入)

何拍子揃っていたとしても、競争倍率が高い学校なので合否を分けるのは運だと思います。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

第5弾は「段階別ワークA・B・C」の3冊を使います。(1巡目です)

ワークAの(A−9)3枚

ワークAの(A−19)3枚

ワークBの(B−9)3枚

の計9枚をコピーして学習してください。

併せて、ひとり4巡目をパラパラ学習法(バックナンバー参照)で勉強します。

◆実際に教えた感想(間違えた箇所)◆

自立の時期となりましたので感想を省略します。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.