小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 147日目

光塩女子学院初等科の学校説明会に参加したよ

おはようございます。

一昨日は、このメルマガで予告通り光塩女子学院初等科の学校説明会に参加しました。

光塩女子もエスポワールの卒業生が多く在籍をしているのです。

私が最後に教えた生徒は既に3年生になっていました。

公開授業で3年A組の教室を覗いたら、3名の教え子の顔があったので嬉しかったです。

この学校は、小学校受験の世界では希有なことなのですが、純粋に学力だけで合格者を出す学校でもあります。(学校の枠をはみ出す親子は別です)

過去のメルマガで何度も、小学校受験は特殊な世界なので、模試でシングルの成績を取っても合格できるとは限らないと書いてきましたが、光塩女子は例外です。

どんなに成績が優秀で行動観察が完璧でも、雙葉、白百合、東洋英和、聖心、田園調布雙葉、東京女学館、日本女子大豊明、立教女学院などの女子校を受験すれば、理不尽にも落とされることが多々あります。

その点、光塩はドンデン返しも少なく、順当に合格者を出しているようです。

学校説明会の資料を見ても、ペーパーの平均が55〜65点であるのに対して、合格の最低ラインが65〜75点だとハッキリと書いてあります。

「義務教育標準法」により、国立・公立小の学級定員は最大で40名と決められていますが、光塩女子の1クラスは46名のすし詰め学級です。

今どきの小学校で、たった1名の先生が46名の1年生を教えるなんて、人の話を注意深く聞けて、理解もできるお子さんでないと授業は成立しないと思います。

殆どの私立小は40名ですが、桐朋24名、国立音大26名、成蹊28名、青学・聖心32名、学習院33名、幼稚舎・早実・立教女学院36名などの少人数学級のところもあります。

1年A組では国語の授業を行っていました。

息子の通う小学校は、まだ教科書もノートも使わずに平仮名を学んでいますが、この学校では教科書(教育出版)の後半過ぎの47ページ目の句読点を含めた文章を書く授業を行っていました。

1年B組は算数の授業でしたが、教科書(学校図書)は後半に近い53ページを学んでいましたので、かなり飛ばしているなぁと思いました。

光塩の過去問を見ればお判りかと思いますが、あの質と量の入試問題で、合格者の最低ラインが70点(平均)ですから、入学しているお子さんは賢いはずです。

46人学級でも、苦労することなく授業を展開することができるのでしょう。

また、月齢を考慮しない学校なので、結果的に月齢が高いお子さんが多く集まります。

エスポワールからの合格者を見ていると、必死に勉強をしてきたお子さんよりも、勉強においてはあまり手が掛からないタイプが多いという印象があります。

別の言い方をすると、勘の良い子ですね。

また、この学校を敬遠される方の最大の理由は…

毎日がお弁当なので母親の負担が大きいからです。登校は8時(目安は7時半)なので毎朝の準備は大変だと思います。

ちなみに東京に10ある女子校のうち、毎日がお弁当の学校は、白百合・聖心・田園調布雙葉があります。日本女子大豊明は週2日がお弁当です。

もう一つの理由は、第2・4週以外は土曜登校だからです。

参考までに、他の女子校では、川村小学校だけが土曜登校(隔週)です。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

第5弾は「段階別ワークA・B・C」の3冊を使います。(1巡目です)

今日は段階別ワークBの(B−14)3枚、ワークCの(C−4)3枚、ワークBの(C−14)3枚の計9枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想(間違えた箇所)◆

学習時間=32分+復習2分

ひとり3巡目11−16〜11−20(5枚)

<B−14−02>

右−(5)=× ※左向きにしました(向かい合わせと思ったのでしょう)

1分50秒(1分45秒)

<B−14−03>

右−(4)=× ※10時の位置に○2時に△を書きました

3分15秒(1分45秒)

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.