小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 137日目

早口で録音して、小さめの音量で再生するのがコツ

おはようございます。

出先からですので、短めのメルマガになります。

このメルマガの学習ペースで進んでいる方は、出題の方法をテープに録音した声にすると良いかなと思います。

準備をするのは大変なので、毎回ではなく何日かに1回でも構いません。

録音する内容は次のようになります。

(1)「これから問題を読みます。読み終わった後に『はじめ』と言われてから答えを書いてください。『やめ』と言われたら書いている途中でもペンを置きます」

(2)「間違えた場合は前に見本がありますが、横線2本で消してから、正しい答えを書いてください」

(3)「それではテストを始めます」

(4)「…(問題)…を選んでください…『はじめ』…『やめ』」

目安としてはこのような感じですね。

問題を解き始めと終わりの合図は色々とあると思いますが、エスポワールでは子供たちが一番馴染みのない『はじめ』と『やめ』に、あえて統一しています。

訂正の方法は大型書店で売っている「2010有名小学校入試問題集」(伸芽会)に学校別の訂正方法が載っていますので参考にしてください。(首都圏の学校だけです)

毎年3〜6月に新刊が出るので、そろそろ最新版の「2011有名小学校入試問題集」が販売される頃かなと思っています。

複数校を受験される方は日替わりで訂正方法を変える練習をすれば、入試当日に混乱することはないでしょう。

(1)〜(3)の前置きは慣れたら不要だと思います。

コピー用紙を半分に切った紙に訂正記号を書き、「今日はこれよ」でも構いません。

ペーパー難関校を受験する場合は…

やや早口で録音して、やや小さめの音量で再生する

のがポイントです。

スピーカーからの音声に全神経を集中する訓練になります。

また、「はじめ」と「やめ」の間に制限時間分のタメを入れる必要はありませんので、続けて録音してください。

再生時にポーズボタンを押しながら間を調整すればよいからです。

ペーパー難関校以外の場合は、ここまでの準備は必要ありませんよ。

公開模試に参加して、肉声ではないスピーカーからの音声に何回か慣れておけばOKです。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

第4弾は「ベストセレクションA・B・C」の3冊を使います。(Cの1巡目です)

今日は06−01〜03−08までの8枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想(間違えた箇所)◆

学習時間=36分+復習3分

ひとり3巡目(0枚)

※間違えた箇所がなかったので省略します

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.