小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 121日目

早大や慶大に入れたいと思うなら遠距離通学はダメ

おはようございます。

小学校の登校時間は8時20分のところが多いようです。

私立や国立小学校は電車やバスで通学しますので、交通機関に遅れが出ても遅刻にならないように、30分前の7時50分頃には学校へ到着しています。

遠いと大変ですよ。

ドアtoドアで50分の通学はよくあるケースですが、それでも自宅を7時には出なくてはなりません。

7時に出るためには、6時頃の起床になります。

通学時間が1時間の場合は、6時50分に自宅を出ます。

起床時間は5時50分あたりです。

通学時間が1時間30分の場合は、5時20分に起きて、6時20分に自宅を出るのです。

9時間の睡眠時間を確保するには、午後8時20分には寝なければなりません。

通学時間が1時間30分で、6時限目まで授業がある日の帰宅時間は、午後5時30分頃なので、就寝時間までは2時間50分しか残されていません。

宿題を終わらせて、晩ご飯を食べて、お風呂に入れば寝る時間です。

進学塾へ行かせる時間は残されていません。

公立小学校へ行く幼稚園のお友達は、午後4時に帰宅してから午後10時の就寝(7時起床=9時間睡眠)まで6時間の余裕があります。

小学校の高学年にもなれば、サピックスや四谷大塚、日能研などへ通ってガツガツと勉強をしますよね。

帰宅から就寝まで6時間もあれば、有名進学塾へ通うことは可能なのです。

エスカレーターで大学まで上がれる早稲田実業学校初等部や慶應義塾幼稚舎、立命館小学校、同志社小学校、関西学院初等部などに行くのなら、何時間掛けても通学する価値はあります。

しかし、中学や高校を受験するための私立小学校なら、帰宅から就寝までの3時間の差は大きいですよ。

宿題をする時間しか残されていないお子さんもいれば、宿題を終わらせてから更に3時間、進学塾の授業に参加したり、塾の予習復習の時間も確保できるお子さんもいるのです。

幼児教室には、何が何でも早稲田、慶應という親御さんはいます。

夢が叶わなかった時に、遠くの私立小に行かせてしまう親もいますが、最終学歴を本気で早稲田や慶應にしたければ、至近距離の私立小か公立小学校へ行かせて、家庭学習と進学塾でガツガツと勉強をさせるのが最も近道です。

遠距離通学の最大の悩みは、塾へ通いたくても通えないことと、宿題を終わらせたら就寝時間になってしまうことのようです。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

第4弾は「ベストセレクションA・B・C」の3冊を使います。(1巡目です)

毎日A→B→A→Bの順番で進みます。

CはA・Bのあとに勉強をします。

今日はBの41〜48まで8枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想(主に間違えた箇所)◆

学習時間=1時間15分+復習0分

ひとり3巡目0枚(家庭の事情)

<41>

切り抜きと紐通しですね。エスポワールの通学制会員の方は、教室で頻繁に工作をしているので不要です。幼児教室へ通われていない方は、問題集に関わらず、出来るだけ「切る」「貼る」「折る」を経験させましょう。「ひとりでとっくん365日」でも切りましたが、くりぬきは初めてですよね。今回は1問目だけ解かせましたが、一番大切なことは紐を結ぶことです。試験に出るペンダント作りは、丸く切って、絵を描いて、一穴パンチで穴を開けて、細いリボンを通して、結ぶのです。慣れない幼児は、輪っかになっているリボンを結ぶことが出来ません。固結びが出来ないのです。難関女子校では、更に難しい蝶結びを要求されます。蝶結びを覚えたら、エプロンの後ろ蝶結びにもチャレンジしましょう。

1問目=1分42秒(1分)

<46>

モールは経験させましょう。文房具屋さんか100円ショップで売っています。この問題程度のものを作るのは、それ程難しくはありませんが、指先の感覚だけなので、慣れないうちは四苦八苦するでしょう。好きなものを作って遊ぶ程度で構いません。余裕があれば、輪っかなどモール同士をねじって(しっかりと)結ぶことも覚えさせましょう。年長さんはこれが出来ないのです。

<47>

爪楊枝で1番が出来たら十分です。2番〜4番は問題集の制作者がイタズラに難しくしているだけなので不必要です。試験に出ないので飛ばしても構いません。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.