小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 120日目

問題集の制限時間は気にしなくてよい

おはようございます。

皆さんは問題集を解く時に制限時間を気にしたことがありますか?

私ですか?

全く気にしません。

制限時間が何分何秒なのか見向きもしませんし、息子に制限時間を教えたこともありません。

問題集の1巡目なら、これから初めて学ぶ問題なので制限時間なんかを気にしたって意味がないのです。

但し、ストップウォッチで計測はしていますよ。

そして、ペーパーに記録を付けています。

そのタイムが早いのか遅いのか、息子にコメントさえしません。○分○秒掛かったと記録するだけです。

2巡目も記録しますが、1巡目とどれだけ変化したのかは教えています。

「今回は40秒だよね。1巡目はえーと2分40秒だから…凄いぞ!2分40秒が2回目では40秒になっている!さすがパパの子だ〜」

このように誉めています。すると…

よーし、次の問題も頑張るぞ!って勝手に張り切ってくれるのです。

もちろん、人間なので閃(ひらめ)かずにタイムが伸びたり、2巡目でミスをすることもありますよね。

その時は、親子で「ざんねーん」と言い合ってしょぼくれます。

「生きていれば、こんな時もあるさ!」

って私が慰めると、息子も…

「そういう日もあるよね」

と言ってくれます。

3巡目以降は、解き方も答えも覚えているので、即答できる問題も増えます。

どうして、制限時間を気にしないかというと…

最終目標は「即答」だからです。

制限時間なんか即答に比べたらレベルが低すぎて意味がないからです。

前回と今回のタイム差を意識させるような学習を継続していると、自然に素速く考える習慣が身に付きます。

入試本番や公開模試では、制限時間になれば、出来ても出来なくても、ピタッとペンを置かなければなりません。

時間を過ぎれば、解いてはいけないルールです。

このような練習も必要なので、いくつかの問題集シリーズを何巡も繰り返して、十分に学力が身に付いてから、制限時間でペンを置く練習をしてください。

最近紹介しました公開模試を集めた問題集は、ペンを置く練習に最適です。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

第4弾は「ベストセレクションA・B・C」の3冊を使います。(1巡目です)

毎日A→B→A→Bの順番で進みます。

CはA・Bのあとに勉強をします。

今日はAの41〜48まで8枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想(主に間違えた箇所)◆

学習時間=53分+復習0分

ひとり3巡目08−21〜25(5枚)

<41>

2問目は、私も息子も1問目で家を線で結んでいるうちに、どのような順番で幼稚園へ行ったのか忘れてしまいました。順番を覚えていないので、この問いには答えられません。3問目も同じです。

2問目=ギブアップ=×

3問目=5秒=× ※山勘で4番

<42>

3問目=13秒=× C−A−B−D−Eと最後の2つを逆にしました

<43>

4問目=× 「解りません」

5問目=× 「忘れました」

6問目=× クッキー(○)を持っていて、取り替えた物を忘れました

8問目=× 「解りません」

<44>

5問目=× 「降参です」

<45>

4問目=23秒(20秒)=× 「忘れました」

<48>

3問目=21秒(10秒)=× 吊り橋に印で「ここが丸太だから」・・・確かにその通りで「丸太の吊り橋」です

4問目=17秒(10秒)=× シマウマに印

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.