小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 111日目

慶應義塾幼稚舎・学習院初等科・青山学院初等部

おはようございます。

昨日にご紹介した方の進捗状況を知って焦った方は多いと思います。

ペーパー難関校狙いや女子校狙いの方は、ペーパー対策はそれなりに進んでいるはずですので、焦ることはないと思いますが、ノンペーパー校を受験される方は動揺しますよね。

今のままで大丈夫かな。

「ひとりでとっくん365日」を始めた方がいいのかなって。

東京で有名なノンペーパー校(共学)には、慶應義塾幼稚舎、学習院初等科、青山学院初等部などがあります。

競争率が高い人気校ばかりですよね。

これらの学校は、公表されている競争倍率を更に2〜5倍したあたりが実質的な競争倍率になると感じています。

ペーパー試験はないけれど、合格するのは8人に1人とか、50人に1人の半端でない狭き門です。

ちなみに、幼稚舎以外の学習院と青山学院にはペーパーに準じたような「個別考査」がありますが、過去問をご覧頂ければお判りの通り、メチャクチャ簡単です。

年長さんでなくても、賢い年中さんなら楽々と解けるでしょう。

その他の試験は、絵を描いたり、皆でゲームをしたり、体操をするだけ。

エスポワールに在籍していて、コネもツテもなく幼稚舎や学習院、青山学院に合格した子供たちがいますが、その子供たちにはある共通したものがあります。

それは何だと思いますか?

(その1)

「指示を聞き漏らさない」

人気校なので、受験者数は凄い数です。次から次へと押し寄せてくる受験生を手際よく選別するには、複数の指示を同時に出して様子を見れば、簡単に見分けられます。過去問を見ると「これのことか」って判断できますよ。

覚えらずウロウロすればアウトです。

(その2)

「意欲が大事」

言われたことを伸び伸びとやっているのか、渋々やっているのか、恐る恐るやっているのかは、見れば直ぐに判ります。

幼稚園でのお遊戯会や運動会を見れば、素人の目でも、どの子に意欲があって、どの子がダラダラしているのかは判りますよね。入試でも全く同じです。

消極的だったり、ダラダラするようなタイプならアウトです。

(その3)

「コミュニケーション能力が必要」

試験は観察するだけではなく、必ず試験官が子供に言葉を使って接触をします。

その時のリアクションはとても大事です。

正しく丁寧な日本語、当を得た返答、活き活きとした表情は欠かすことが出来ません。

共通点は以上になります。

合格した子供たちの顔を思い浮かべながら、彼らの共通点を3点ほど紹介しました。

ノンペーパーの人気校は受験者が多いので、朝から夕方まで、1日だけではなく何日も、次から次へとベルトコンベアーに載せられたかのように、子供たちが現れては退室していきます。

この大勢の中から優秀なお子さんを選ぶには、パッパッパっと手際よく見分けなければなりません。

ビデオに撮って、試験官同士でじっくりと話し合うのではなく、短時間で評価するのです。

幼稚舎の男子なら1100名の受験者ですよ。この中から20〜40名の一般枠のお子さんを選ぶので…  (数字の根拠は3月9日のメルマガ参照)

複雑な指示を理解し、意欲がみなぎっていて、コミュニケーション能力が高くないと選んでくれません。

1100名もいるので、この3点が完璧でも涙する人は大勢いるはずです。

完璧でなければ絶対に選ばれません。これだけは事実です。

幼稚舎“命”で絵画教室に通ったり、体操教室に通う人がいますが、美大や日体大を受験するのではありませんからね。

上記の3点をおろそかにして、絵や体操を習っても無駄なことです。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

えっ?

この3点の克服法が知りたいのですか?

メルマガの過去ログに繰り返し書いてありますよ。

自分で状況を判断し、自分で考えて、自分の責任で行動ができるように『自立』させましょうって。

その為のいくつかの方法も書いてあります。実際にエスポワールで行っている数々の指導法も紹介しました。

8〜50名の中から1名に選ばれるような、たくましく、頼もしいお子さんに育て上げてください。これが一番の近道です。

◆今週末の課題◆

暗記ゲームです。

(例)テーマは野菜です

子「タマネギ」

母「タマネギ・大根」

子「タマネギ・大根・ニンジン」

母「タマネギ・大根・ニンジン・ジャガイモ」

・・・間違えるまで続けます。

6つくらいは楽に覚えられるといいですね。

色、花、動物、お正月に使う物 … テーマはいろいろ出来ます。

◆今日の学習◆

第3弾は「ウォッチャーズ3」シリーズの5冊を使います。(2巡目です)

毎日、数量→言語→常識→理科→図形の順に進めます。

今日は図形17〜32まで16枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想(間違えた箇所)◆

学習時間=1時間+復習0分(家庭の都合)

ひとりは0枚(家庭の都合)

<18>

前回は簡単に解いていましたが、今回は1問目から左に印を付けて間違えました。理由を訊くと、深く考えすぎて、反対側ではなく、なぜか反対側のそのまた反対を考えてしまったらしいです。2問目も左に印を付けてドボンです。よく見ていなかったのが原因です。

24秒(4分)→35秒=○→1問目と2問目×

<19>

左側は簡単でしたが、右側は前回同様に、それぞれの旗だけを反転させて、全体の旗の位置を変えずに不正解です。これはとても難しいです。

52秒(7分)→57秒=右×→同じく×

<20>

前回の左の絵は、カップの取っての位置を間違えましたが、今回も同じミスをしました。前回の右側の絵は、ボールを描いたり、船は反転させても旗の向きをそのままにしていましたが、今回はパーフェクトです。

2分45秒(7分)→2分25秒=××→×○

<22>

1問目=1分20秒(3分)→1分45秒=○→×

<30>

前回同様に1番と2番を取り違えました。この2つを取り違えることはあり得ないのですが、2度も続くと不思議に思えます。

3分3秒(4分)→2分12秒=1番2番×→同じ間違え×

<31>

2分16秒(4分)→15秒=背中と右側面を入れ違い×→左右側面を入れ違えて×

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.