小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 101日目

息子が親になったその時に気付けばよい

おはようございます。

息子が京都で過労によりダウンしてしまい、予定外の延泊となってしまいました。

1泊2日で伊勢−奈良−京都の移動には無理があったようです。

そして、帰宅翌日の今日は入学式と慌ただしい日々を過ごしています。

さて、今日は年長さんではなく、最近の読者登録で増えてきた年少さん向けに書きます。

最近は年少さんの時期から、いや生まれて間もない頃から早期教育が盛んです。

お母様だけではなく、お父様も交えて、一生懸命に勉強を教えているようです。

ここ数年は、十分な知識を詰め込んでからエスポワールに入室してくるお子さんも目に付くようになりました。

新年中さんの時点で年長さん並の学力があるお子さんもいます。

このようなことを書くと、早期教育を奨励しているように誤解をされそうですが、私自身は幼児期の先取り学習には興味はありません。

幼児期の脳って本当に個人差が大きいのです。

早期教育に適しているお子さんは実際に存在します。

その子は特別に賢いわけではなく、たまたま脳が早熟なだけなのです。

その為、トレーニング次第では1年先に習うことまで理解が出来るようになります。

それはそれで構いません。

早熟なお子さんにつられて、発達が普通のお子さんや、少々遅れているお子さんが無理に先に進む必要はないのです。

親って、周りの子供が出来るのに我が子が出来ないと焦りますよね。

同年齢の周りの子供が歩けるのに、我が子がハイハイのままだと心配になります。

人間なんだから、そのうちに歩けるようになると頭では理解をしていても、大丈夫かなって心配になるのです。

喋り始める時期だって同じですよね。うちの子は周りよりも遅いぞって焦るのです。

これは知能にも言えます。

早期教育が出来る他人の子供と比べて焦ってしまうのです。

そのうちに同等になるのにね。

早熟で先を突っ走っているお子さんが、そのまま何時までも突っ走っているとは限りません。

先を突っ走っていられるのは、脳が著しく優れているのではなく、相対的に早熟だからです。

歩くのや喋るのと同じく、やがて皆が追いつきます。

幼児期に神童だとチヤホヤされていても、小学校へ入った途端に全く目立たなくなるお子さんは大勢いますよ。

私は学生時代に中学受験塾の講師をしていましたが、勉強が出来る子は早期教育の子供でもなく、○○メソッドや、△△式の子供でもありません。

『学ぶことが大好きな子供』

このタイプだけです。

知的好奇心が旺盛であるとも言えます。

実際には、教育意識の高い親がそうなるように仕向けているのです。

勉強は強要せず、知りたがり屋さんにさせているだけです。

環境も含めて、自ら貪欲に学ぶように仕向けています。

園児でもこのようなタイプはいますよ。

家庭学習を親の都合で休むと…

「ねぇ〜どうして今日は教えてくれないの!」って怒るお子さんです。

普通のお子さんなら、休むと喜びますよね。

私は子供が生まれてから、貪欲に学びたがる子供になるように、それだけを考えて育ててきました。

その為には、子供が発する質問や疑問には丁寧に答えました。

家庭学習は努めて「笑顔」で取り組みました。

正解するとビッグハグをしました。

ハイタッチもしました。

素晴らしい答案は表彰もしました。

区切りごとに慰労会もしました。

メルマガでも紹介しましたが、子供が生まれてから、いろいろな工夫をしたのです。

全ては、学ぶことが大好きになるようにです。

それだけ。

勉強をしなさいとは言いません。叱りもしません。

何故なら、それを言った瞬間に、私が今まで築き上げてきたことが無駄になってしまうから。

息子が親になったその時に、親の私がしてきたことに気付くことでしょう。

「パパの子供に生まれて幸せだったよ」

私の臨終の際に、そのように言ってくれたら嬉しいです。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

第3弾は「ウォッチャーズ3」シリーズの5冊を使います。(1巡目です)

毎日、数量→言語→常識→理科→図形の順に進めます。

今日は図形21〜32まで12枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=1時間5分+復習5分

ひとり3巡目06−06〜10(5枚)

<23>

四方観察で2問間違えました。

1分12秒(3分)=ネコとキツネ×

<28>

左側の方が易しいですね。右側は何倍も難しいです。息子はハサミ、鉛筆、カップまでは見つけることが出来ましたが、インク瓶(最近の若い親は知らないでしょう)の輪郭(左側面の影)までは発見できたのに、それを見ながらインク瓶を選ぶことはありませんでした。

1問目=19秒(参考タイム)=○

2問目=3分33秒(参考タイム)=最後の1つ(インク瓶)ギブアップ

<30>

息子は1番と2番の答えを入れ替えてしまいました。あり得ないミスですが原因は不明です。

3分3秒(4分)=1番2番×

<31>

開始から1時間近く経っているので、脳の活動が停止したようです。

2分16秒(4分)=背中と右側面を入れ違い×

<32>

1問目は簡単でしょう。2問目は悩むでしょう。3問目は難問です。息子は2問目で3箱を選択して不正解でした。理由を訊くと、見た目で長そうに思えたからと答えました。3問目では息子は2箱と1箱(2本巻)を選びました。恥ずかしいことに、私も同じことを考えていました。しかし、既にカラータイマーが消滅した息子と同じ解答になる訳がないと思い、冷静になって、ロープの長さを数えたら、6と8で違うことに気付きました。危ない危ない。

1問目=1秒(参考タイム)=○

2問目=1秒(参考タイム)=×

3問目=1秒(参考タイム)=×

◆今週末の宿題◆

今回はお弁当包みです。

たま〜に忘れた頃に出ますので、出来るように練習しましょう。

女子校を受ける方は必須です。

親が結び目を持って、ゆさゆさと強く揺すっても形が崩れなければ合格です。

参考ホームページ(一つ結び包み)

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.