小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 076日目

○○小学校に入るための勉強だと言わない

おはようございます。

小学校受験と中学校受験の大きな違いは目的意識です。

小学6年生にもなれば、子供部屋の壁に「目指せ桜蔭」とか「必勝・開成」と書いた紙を貼り付けて、自分を鼓舞しながら頑張ることが出来ます。

それに対して年長さんには目的意識など皆無です。

まだ5〜6年しか生きていないので、行きたい小学校なんてあるわけがありません。

そもそも、小学校が何たるかも理解していません。

今を生きるのが精一杯なので、ずっと先のことには興味すらないのです。

いや、うちの子はしっかりと白百合を目指してペーパーを頑張っていますと仰る方もいるでしょう。

しかし、それは親が言いくるめているだけです。

小学校受験で大きな夢を見て、一番興奮しているのは親だけですから。

子供は何も考えちゃいません。

子供は未知の世界のことには不安を覚えるものです。

幼稚園が終わってしまったら、次は何処へ行って何をさせられるんだろうって。嫌だなぁ、このままずっと幼稚園のままでいいよって。

「一生懸命に勉強をしないと暁星小学校に入れないわよ」

このように言われると、勉強とは、それは即ち暁星に入るためにするものだと思い込みます。

暁星に入るための勉強なら、合格すれば「勉強」の目的はそこで終わりです。

不合格なら、結果に結びつかないので、勉強そのものを恨んで嫌いになることもあるのです。

私は幼児に「今している勉強」と「その目的」を結びつけさせない方がよいと思っています。

息子には、「勉強」は平仮名や片仮名、漢字を覚えるのと一緒で、たくさんのことを知ることによって(息子がなりたがっている)大人に近づくのだと教えています。

息子の願いは、たくさん勉強してパパやママのような大人に一日も早くなりたい…

その一心だけです。

入試も勉強という準備をして臨んだのではなく、たまたま日頃の勉強が入試にも役立ったと思い込んでいます。

私は十分に歳を重ねたので、今では勉強をしなくても生きていけますが、息子の勉強はこれからもずーっと続きますからね。

小学校も…中学校も…高校も…大学も…大学院でも…

社会人になってからも、経験や能力を身に付けるために毎日が猛勉強です。

優にあと30年くらいは続きそうですね。

気の毒だなぁ〜

だからね、毎日を楽しく勉強をさせなくちゃ。

30年も続くのだから…

「何度教えれば覚えるんだ!」

って言えないですよね。可哀想です。

たったの5歳で潰してしまって勉強嫌いにさせたら、これからの人生は地獄でしょう。落ちるところまで転がり落ちるかもしれません。

本当に子供の将来を思うのならば、ブランド校を目指す以前の問題として、日々の勉強を楽しまなくちゃね。

人生の終着点は今秋ではないのです。

もっと勉強を「愉しみ」ましょう。潰されるには若すぎます。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

第2弾は「ウォッチャーズ2」シリーズの5冊を使います。

毎日、数量→言語→常識→理科→図形の順に進めます。

今日は図形21〜32まで12枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=52分+復習3分

ひとり03−06〜03−10(5枚)

<22>

1つ×です。

<23>

上から4段目×。

<25>

4つも×。

<27>

正解は左下のみ。

<31>

右下はギブアップ。

<32>

1問目だけ正解。2問目以降は無理なのでパスさせました。GW頃に出来るようになればラッキーだと思っています。入試の前日に間に合えばOKだけれどね。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.