小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 066日目

未来と過去を知り考え深い子供に育てる

おはようございます。

過去のブログにも書いたと思いますが、子供は常に「今」を生きています。

昔のことは片っ端から忘れてしまいますよね。

先週の日曜日に何をしたのかを聞いても覚えていないお子さんが殆どです。昨日の出来事を覚えているかどうかも怪しいですよ。

また、過去だけではなく、未来について考える力も貧弱です。

未来への興味の対象は、視界の中に入っていることだけなんですね。

「あっ、お菓子だ、食べたいな」とか、リカちゃん人形が視界に入ったので、「これで遊ぼう!」となります。

過去を記憶できなかったり、未来について考えられないのは、脳が未熟なためなので仕方がありません。

まだ5歳だから、今を精一杯生きてくれたら、それで良いと私は思っています。

しかし、小学校受験では競争率が高い学校ほど、年相応のお子さんよりも、物分かりの良いお子さんばかりを欲しがるのです。

それでは、物分かりを良くする、即ち、精神年齢を高めるためには、どうすれば良いと思いますか?

「自主性を伸ばす」

これは、昨日のメルマガで紹介しましたよね。

「リーダーを経験する」

これも過去に書きました。

その次は、今という「点」に生きるのではなく、過去から現在、そして未来へと続く「線」の上で生きていることを子供に教えることです。

私が意識して教えたことは、その中でも『未来』についてです。

幼稚園からもらってくる「月次予定表」と「献立表」はコピーして息子に渡しています。息子はそれを自分の部屋に貼って眺めているのです。もちろん、読めない漢字はその都度教えています。

「あっ、明日はお誕生会だから特別給食だ」

「この日はママの保護者会だね」

「やったー、今度の金曜日の給食はカレーで、おやつはリンゴゼリーだ」

このように予定表を眺めながら、今後の行事を確認しているのです。

また、息子専用の大型カレンダーには、自分で予定を書き込ませています。

<某月某日>

◎りか1〜10 ←(勉強の予定です)

◎じどうかんでとびばこのれんしゅう

<某月某日>

◎イチゴがり ←(家族の予定です)

一般の5歳児のように「今」という瞬間だけに生きるよりも、このように「未来」があって、「今」があって、そして「過去」があることを意識させた方が、物事をより一層深く考えられるようになるのです。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

第2弾は「ウォッチャーズ2」シリーズの5冊を使います。

毎日、数量→言語→常識→理科→図形の順に進めます。

今日は、図形01〜10までの10枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=54分+復習3分

ひとり01−16〜01−20(5枚)

<01>

私自身が意味を理解できませんでした。面倒なので「これはチョコレートです。白組さんと黒組さんで仲良く食べてケンカにならないのは、この中のどれだと思いますか?」に変えました。

下段の面積は同じに見えないと答えたので、私も同じ意見だったので正解としました。

<03・04・05>

1問目だけ私が解いて見せました。

<07>

上段=左から2番目×

下段=左から2番目×

3分15秒(3分30秒)

<08>

「まず最初に、重ねられてしまう方を描いてごらんよ。それから、重なる絵を逆さまに描き写せばいいよね」このヒントだけで解かせました。4問目は塗る場所を反対にして×。

<10>

1問目と4問目=×

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.