小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 059日目

年少さんの親は私のメルマガを読んで焦らないこと

おはようございます。

前回にメルマガの感想を募集したときに、3歳児や年少さんを持つ親御さんが何名かいらっしゃいましたので、今回はこれから受験を考えている方に向けて書かせて頂きます。

このメルマガを読み続けていると、居ても立ってもいられずに、今すぐにでも何か勉強をしたくなりますよね。

既に3歳児に「ひとりでとっくん365日」の12冊を買い求めて、最初の数ページをチャレンジさせた方もいたようです。

焦る必要はないですよ。

息子は年中の11月になるまで、ペーパーの勉強をさせませんでした。年中の11月がベストだと決まっているわけでもありません。

子供が歩き始める時期が10ヶ月から1年半と開きがあるのと同じように、それぞれのお子さんにもペーパー学習に適した時期があると思っています。

平仮名に対する興味や覚えが早いなど、脳の発達が比較的に進んでいるお子さんは年中の4月からスタートしても大丈夫です。

しかし、平仮名にも興味がなく、靴に印を付けても左右がイマイチよく分からないような場合は、スタート時期を年中の秋まで遅らせるべきだと思っています。月齢が低い場合も同様です。

頭が悪いのではありません。二足歩行を始める時期と同じく、問題を解くのに適した時期があるのです。それだけのことです。

無理に前倒しをしても、ある程度までは「ひとり」を解いたり教えたりは出来ますが、壁にぶつかるのも早いでしょう。イタズラに苦手意識を 植え付けるだけです。

年中の11月に設定した理由は、年中の殆どのお子さんが学習に付いていけそうな時期だからです。共働きでない限り時間的な余裕も残っています。もちろん、4月スタートに適したお子さんも大勢いますよ。

お恥ずかしい話ですが、月齢が低い我が家の年少の娘は、未だに平仮名が読めません。知っているのは自分の名前くらいです。それもつい最近のことです。同級生は読むどころか、書くことが出来るお子さんもいます。

妻は娘の同級生の子供たちと比べて焦っているようですが、私は気にするなと言っています。

平仮名に対する興味も、脳の発達に関係しているから仕方がないのです。少しずつ慣らして、興味を持ったときに楽しく教えればよいからです。暫くはペンディング(保留)ですね。

平仮名には全く興味はないのですが、絵本には人一倍に興味があるようで、1日に10冊読んでも飽き足りません。次も次もとせがまれます。

幼児の脳は画一的に発達するものではなく、様々な分野がバラバラに発達するので、その時点で興味を持ったものや、理解できるものをとことん突き進めばよいと思っています。

お花に興味を持ったのなら、その時はお花博士に育てる。

昆虫に興味を持ったのなら、その時は昆虫博士に育てる。

絵本が好きなら、本の虫にさせる。

平仮名に興味を持ったら、即座に学ばせる。

絵を描くことに興味を持ったら、手ほどきしながら上達させる。

知育雑誌や教育本に書いてある通りにする必要はないのです。、興味を持ったものから順にです。

幼児の脳は気まぐれに発達しているので、それに合わせながら伸ばした方が効率的ですし、楽しいですよね。

そのためには、普段から興味を惹くような種をいっぱい蒔いておきましょう。

出てきた芽から順に育めばよいのです。

決して、周りを気にしないこと。

伸び伸びと一つ一つを極めたお子さんほど、将来は大成するのです。

私が3歳児や年少さんの親御さんに伝えたいことは以上です。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

再び「ひとりでとっくん365日」の12冊を使います。既に2巡目です。

今日は、11冊目17〜30までの14枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=1時間4分+復習0分(家庭の都合)

<11−17>

正解は前回と同じ所です。

<11−19>

前回の間違い箇所を覚えていたようです。

<11−21>

解答例の8通りでない、9通り目の正解を見つけてくれました。

<11−25>

前回は私が解きましたが、今回は試験にも出ないし、無理そうなので飛ばしました。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.