小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 050日目

答えを丸暗記した問題は得意分野に変えるチャンス

おはようございます。

このメルマガが推奨する問題集は「ひとりでとっくん365日」の全12冊です。

その問題集を出しているのは、エスポワールの至近距離にあるライバル幼児教室なんですね(笑)

山手線の恵比寿駅西口の北側にエスポワールがあり、南側に「こぐま会」さんがあります。

同業他社の「こぐま会」さんが作った問題集ですが、現時点で最高の問題集だと私は認めています。

そこらにある小学校受験問題集は、最初に出版ありきで、中身はテキトーに詰め込んでいるものが殆どです。

難易度順がバラバラ、教える順番がバラバラ、漏れがあったり、偏っていたり、昭和時代の入試問題が含まれていたりします。

その点、「ひとりでとっくん365日」は丁寧に作ってあり、制作を担当した人の情熱やご苦労を感じます。

さて、メルマガ読者の皆さんは、既に2巡目の途中です。

2巡目の1〜4冊目は「楽勝」でしたよね。

5〜8冊目は、理解できていない問題も少々含まれていますが「まあまあ」だと思います。

9〜12冊目は、前回も不正解、そして今回も連続不正解の問題が所々で目につくようになり、親子共に「げんなり」するのです。

あなた一人ではありませんよ。

勉強を始めた全員が2巡目でも理解できなければ「げんなり」するのです。

例外なく、誰でもがです。

それを「勉強は楽しいもの」と思わせるのが「親力」(おやぢから)です。

2巡目の終盤はメチャクチャ辛いのです。

これは誰もが越えなくてはなりません。

2巡目で出来なくても全く構いません。少しでも成長したところを見つけては、誉めて誉めて抱きしめてください。

逆に、2巡目では答えを丸暗記しているところもあります。

お話の記憶では、答えだけを覚えていることもあるでしょう。

「答えを覚えちゃってるの?困ったものねぇ〜」

で済まさないでくださいね。

答えを覚えていても…

「スゴイ!スゴイ!このお話の記憶は100点よ。太郎ちゃんは、お話を聞いただけで何でも覚えてしまうのね。お母さんは嬉しい!大好きよ!」

答えを暗記していても、このように大袈裟に誉めてください。

お話の記憶が得意なんだと暗示を掛けるのです。

「もしかしたら、私は『お話の記憶』が得意かもしれない」

このように本人が思ってくれたら、今後は、本人が持つ能力以上に集中してお話を聞くことが出来ることでしょう。

『好きこそ物の上手なれ』

って昔から言いますよね。

答えを丸暗記した問題は「得意分野」に変えてしまう大チャンスなんです。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

再び「ひとりでとっくん365日」の12冊を使います。既に2巡目です。

今日は、6冊目11〜30までの20枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=43分+復習0分(今日も家庭の事情)

<06−13>

息子の脳はまだこの問題が解けるまで発達をしていないので、左側の1問だけです。完全マスターの目標は5月に設定しています。

30秒(参考タイム)=○

<06−14>

本人が真ん中の問題は出来そうだというので、この問題だけチャレンジさせました。

1分19秒(参考タイム)=○

<06−15&16>

能力の限界を超えているので、あと2ヶ月は解かせません。

ちょこちょこと脳に刺激を与えたので、あとは脳の発達を待つだけです。

◆重要◆

幼児教室系の問題集よりも出版社系の問題集の方が、試験には絶対に出ない、珍問、奇問、愚問、時代錯誤問題が多い傾向があります。

小学校受験問題を実際に教えたことがない人が作ったとしか思えない問題が目につきます。

出版社の社員がページ数を増やすために、昭和時代の入試問題を取り入れたり、独自に考案したヘンテコな問題も少なからず含まれていると感じます。

当メルマガで学ぶ予定の「ひとり」以外の問題集も決して例外ではありません。

先に進んでいる方は、「ひとり」の良問を念頭に置き、世間一般の常識で取捨してください。

「今時の幼児にこんな問題はあり得ない」

と感じた問題は「あり得ない」のです。構わずに無視して飛ばしてください。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。
(きっと良いことがあります)

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.