小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 041日目

1週間に1度でよいので絵の練習をしましょう

おはようございます。

小学校受験は勉強だけをしていても合格できないことは、皆さんもご存じだと思います。

勉強以外にやらなければならないことは山ほどありますが、その中でも今日は再び、絵画についてです。

絵画は経験をしなければ上達はしません。

『自由気ままに描かせても上達はしないのです』

過去に、鏡を見ながら似顔絵を描きましょうと紹介しましたよね。

絵を描くきっかけを作ったのに、それっきりになってはいませんか。

エスポワールの子供たちは、毎週1日分の絵日記を提出するので、1年間で50枚近く描きます。

授業でも月に1〜2回ほどは絵を教える時間があるので、合計で年間に70枚近くの絵を描いていることになります。

家庭学習だけですと、どうしても「絵画」を忘れがちになりますよね。

何を描かせたらよいのか分からない、何をどのように教えるのか分からない、と思っているようです。

1週間に1枚でも構いません。その週で一番印象に残っている出来事を描いてください。

サイクリングやお料理のお手伝い。

家族の似顔絵や、旅行や食卓の風景でもよいのです。

同じテーマで、親と子がそれぞれ絵を描きます。

そして見比べます。

「やっぱり、お母さんの絵の方が上手だ」と言いますよね。

今度は、そのお母さんの絵を写させるのです。

上手に描けなければ、お子さんの手を取って親が描いても構いません。

カンニングだと思いますか?

それは違います。

構図や各パーツのバランスを学ぶ絵画技術の「習得」なのです。

何枚か練習して一番上手な絵は、1週間ほど額に入れてリビングにでも飾ってください。

絵より大きい厚紙に糊付けして、リボンでぶら下げるだけでも良いでしょう。

もちろん、その絵を見た父親は「素晴らしい絵」だと誉めちぎります。

1週間に1度だけでよいので、絵は描かせてくださいね。

志望校に絵画は出ないから意味がないですか?

別に小学校受験のためでなくてもよいのです。将来のためにも…。

私は息子が小学生になったら、あらゆる絵画コンクールにコッソリと出品させるつもりです。(コンクール荒らしです)

もしも表彰されるようなことがあれば、それは息子にとって、非常に大きな自信に繋がるからです。

身近にいる親でも祖父母でも学校の先生でもない、第三者に認められるほど嬉しいことはないですよね。

入賞は些細なことではありますが、自分の作品が選ばれた幸福感は、勉強を含めて、あらゆる方面に良い影響を与えると思っています。

自分が他人(ひと)から『認められる』って、これ以上のない快感ですよね。

人が人として生きていく上での源泉なのです。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

再び「ひとりでとっくん365日」の12冊を使います。今日から2巡目です。

今日は、1冊目の01〜10までの18枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=43分+復習0分(家庭の都合)

2巡目なので感想はありません。2ヶ月前はこんなに簡単なことをしていたんだと驚いてください。2巡目での理解力にも驚かされると思います。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。
(きっと良いことがあります)

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.