小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 038日目

難関小学校は中学からの方が入りやすい

おはようございます。

今日は少々難しいお話を書きます。

A子さんというお嬢様がいるとします。ご両親はフツーの学歴で、フツーの会社に勤めています。

小学校を受験するにあたり、コネもツテもなく、出身校でもなく、親や兄弟も、子供の兄弟も全く関わりのない 私立小学校5校と国立2校を受験しました。

A子さんの人柄は平均以上で、見た目も実力も賢いです。常に模試ではトップ15%以内に入り、行動観察も満点です。ご両親のお人柄を平均点とします。

A子さんの受験先は以下の通りです。(入試日程は無視するものとします)

1.○稚舎
2.○百合
3.○習院
4.○塩女子
5.○稲田実業
6.○茶の水女子
7.○波小学校

さて、幼児教室の先生が過去の経験則で、A子さんが合格するとしたら、この中でどこの小学校だと思いますか?

答えは、4番の○塩女子です。

この学校は賢い子が順当に合格する可能性が高いからです。勿論、校風やご家庭のバックグラウンドも参考にしていると思いますが、一般の難関校に比べて、そのハードルは高くはありません。とにかく、賢いお嬢さんを集めているという印象を受けます。

A子さんが次に合格するとしたらどこの小学校だと思いますか?

答えは、5番の○稲田実業です。

○稲田実業は元々は中学校まででしたよね。その中学校は偏差値さえ高ければ入ることが出来ます。その学校が作った歴史の浅い小学校なので、これといった校風も定まっておらず、しがらみも少ないのです。エスポワールからは幼稚舎1に対して3〜4倍の合格者が出ます。

残りの私立小学校は、努力ではどうにもならない部分がある学校なので、どんなに賢くても、どんなに人柄が良くても、学校が求めているものをご家庭が持ち合わせていなければ理不尽な結果になる可能性が高いです。エスポワールでのピカイチさんやピカイチ君が合格することもありますが、ご縁がないことの方が多いです。公表されている競争率よりも、体感的にはその2倍くらいに感じる狭き門です。

○茶の水や○波などの国立小は、受験資格を得るための抽選(女児の○茶の水1次は12倍)もありますし、最終競争率は30倍から80倍くらいの狭き門です。学力以上に運によって左右されますので、ピンポイントで狙って合格できる学校ではありません。

他にも、立○は門戸が広く、青○は対極的など、小学校受験は実力主義の中学校受験とは比べものになりません。

しかし、小学校受験はどんなに狭き門でも、行かせたい学校を受験すべきです。(個人的な意見です)

子供の進路が長期間に亘って固定されてしまうので、つまらない妥協なんかする必要はないのです。(公立小の方が難関中学突破へ近い場合もあります)

どんなに厳しくても、気に入ったのなら幼稚舎1本や、雙葉1本でも良いのです。(個人的な意見です)

これらの難関校は、実は中学校からの方が(偏差値しか求められないので)入りやすいです。

「三つ子の魂、百までも」ではありませんが、小学校受験勉強での良好な親子関係は、小受でダメでも中受で必ず花開きます。

難関中学校の合格者の中で小学校受験の経験者はどれだけいるのかは知りませんが、私はその数は少なくはないと思っています。

昨日も今日も、その1日なんですね。今日もコツコツ、明日もコツコツ。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

「ひとりでとっくん365日」を使います。もうすぐ12冊の1巡目が終わります。

今日は、12冊目の01〜10までの10枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=54分+復習5分

シーソー2枚は誘導しながら正解させました。

03は全滅です。脳が追いつくのは2ヶ月後かな。

06は息子の現時点での脳では無理なので2巡目に期待して手つかずで飛ばしました。

09の2番と3番は誘導で正解させました。

10の2番3番はギブアップです。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。
(きっと良いことがあります)

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.