小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 033日目

7年のスパンで考えてみる

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

新年早々にとても嬉しいことがありました。エスポワールの卒業生のお父様からの年賀状に、公立小へ進んだ息子さんが、国立の中学校に合格したと書いてありました。

小学生になってからも、ご夫婦で交代しながらコツコツと勉強を教えていたのを知っていたので、その知らせはとても嬉しかったです。

残念ながら小学校受験でご縁がなくても、家庭学習をコツコツと継続していれば、エスポワールが入っているビルオーナーさんのお二人のお子さんのように、雙葉中高から東大医学部へ行ったり、武蔵中高から東大法学部へ行ったり、今回のお父様のお子さんのように国立の中学へ合格したりするのです。

小学校1年生から6年生まで、毎日親が教えているので、勉強の取りこぼしはありません。

進学塾のデメリットは、注意力が散漫の日や、理解に苦しんだときにそれを補うシステムがないのですが、その点、家庭学習の場合は、一分一厘の漏れもなく理解させることができるからです。(最大のメリットですよね)

難関中に合格する秘訣は、取りこぼしのない毎日の積み重ねなのでしょう。

皆さんも今年の秋には小学校受験です。

今続けていることは、結果次第によって、無駄になったりするものではありません。

コツコツと続けていれば、意中の小学校にご縁があることもあります。

コツコツと続けていても、意中の小学校にご縁がないこともあります。

しかし、年長の1年間ではなく、小学校の6年間を足した7年というスパンで考えると、確実にご縁を引き寄せることはできます。

運が良ければ、来年から行かせたい小学校へ行くことができます。仮に運が良くなくても、このまま継続をしていれば、行かせたい中学校へ行くことができるのです。

これが「ザ・家庭学習」です。侮れませんよ。

但し、これだけは言えます。

子供を叱り飛ばしたり、暴言を吐きながら教えても、難関小学校に受かることがあるのは事実です。

運良く受かってしまえば官軍なのでしょう。

ところが、このような教え方をして落ちた場合は、母子ともに転げ落ちるだけです。中学受験での復活なんてあり得ません。

「お母さん、私ね、勉強なんか大嫌い!」

このように言われるのがオチです。

子供を賢くしたければ・・・

「良くできたね〜」

「頭がいいね〜」

「さすが、お母さんの子供だなぁ」

「こんな問題は難しくてお母さんにもできないなぁ」

と誉めて誉めて誉めまくることです。

誉めることで、相手を幸せな気持ちにさせれば、それは廻り廻って自分に還ります。これは真理です。

ご主人を誉めても、子供を誉めても・・・逆にけなしても、全てが自分に還ってくるだけです。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

「ひとりでとっくん365日」を使います。もうすぐ12冊の1巡目が終わります。

今日は、10冊目の11〜20までの10枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=48分+復習3分

11.問題文のセンテンスごとに答え合わせをすると理解できます。

12.年中さんは多い数だけ相手にあげちゃうんですね。キャンディーで遊びましょう。

15.重ね図形は、1問だけ親が解いて見せてあげましょう。

16.飛ばしました。

17.地上1階、2階、3階…地下1階、2階、3階などビルに見立てて1F、2F、B1、B2のように書き加えてから解かせました。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。
(きっと良いことがあります)

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.