小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 026日目

1巡目で正解しても2巡目で間違えるときもある

おはようございます。

宿題の蝶結びは如何でしたか?

エプロンの後ろ蝶結びが出来なかったというメールが何通か届きましたが、無理に特訓をする必要はありません。

統計的にも、後ろ蝶結びが入試で出る可能性は極めて低いのです。出題しないと思っても結構です。

但し、普通の蝶結びは来年の秋までには「必ず」出来るように練習をしましょう。

さて、今日は既に1巡目が終わった方に向けてアドバイスをします。

2巡目になると、解く時間は半分になり、1巡目では理解できなかった概念も、簡単に解けるようになります。

全部が楽々と解けるようになるのではありません。

1巡目では全く歯が立たなかった問題の大部分が解けるようになるのです。

しかし、問題によっては、全く同じ間違いをしたり、ギブアップのものもあるでしょう。

それでも、全体的に見れば、随分と成長したなぁと実感はできると思います。

成長とは逆に不思議なことも起こります。

1巡目では何の苦もなくスパスパと解けた問題でも、2巡目では、まるで別人のように間違えることもあるのです。

息子にも、エッ?と思った問題が何ヶ所かありました。

1巡目の時には、とても冴えていたので、頭の回路がフル回転して解けたものでも、2巡目の時には、今まで見えていたものが見えなくなるのです。

親は焦りますよね。

「どーして、前に出来たのに、今度は間違えるの!」

「もぉ〜、ふざけないで!」

このように子供に詰め寄る親もいるでしょう。

たまたま、前回は冴えていただけなのにね。

脳の回路の問題であって、子供に罪はないのです。

正常な回路でも、不調の時はショートもします。

大人でも同じです。

エスポワールの先生も人間なので、稀に脳の回路がショートすることもあります。

先日も浩美先生が授業中に、子供にある質問をしました。

先生・・・

「ベッドで寝ますか?それともおフロで寝ますか?」

子供・・・

「えっ?」

それって、おフトンの言い間違いですよね。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

「ひとりでとっくん365日」を使います。1月の第1週目に12冊の1巡目が終わります。

今日は、8冊目の01〜10までの10枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=44分+復習3分

三者関係は難易度はとても高いです。

体重とか背の高さなら感覚的に解っても、勝ち負けなどは理解しづらいです。大人でも冷静に考えないと即答はできませんよね。

具体物を動かしながら視覚的に比べるしかないです。

◆重要◆

だんだんと難しくなります。

今日も誉めて誉めて誉めちぎり、解けない問題は、親が子供に解き方の手本を見せながら、正解まで導いてください。

手本を見せることで、子供の脳に刻むのです。

ハイタッチとハグハグも忘れないでね。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。
(きっと良いことがあります)

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.