小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 025日目

今週末の宿題は「蝶結び」と「的当て」です

おはようございます。

今日は金曜日なので、週末の課題を出します。この週末に出来るようになるまで練習をする必要はありません。

今日中に出来る人もいると思います。桜が咲く頃に出来る人もいます。

今日をキッカケとして、来秋までに出来るようになればよいのです。覚えるのが早くても遅くても関係ありません。入試の日までに出来れば同じことですから。

今週末の課題は2つあります・・・

●蝶結び

蝶結びは、毎年どこかの小学校で出ます。女子校が多いのですが、早稲田実業も出ましたね。

早実は箱の中から同じ大きさのノート3冊とヒモ1本を取り出して、それを3冊束ねて、ひもを十字(クロス)掛けにして、蝶結びです。

早実の2種目の蝶結びは、筒にひもを三重巻にしてから蝶結び。

難易度が高くて驚きましたか?

子供の靴ひもでさえ、親が結んであげないとダメですか?

エスポワールの授業でもひも結びはありますが、最初から完璧なお子さんは女の子に多いです。

生まれて初めてチャレンジするのは男の子に多いですね。

エスポワールでの最難関の課題は、エプロンの後ろ蝶結びですが、男の子は苦労しています。

●的当て

ゴムボールや運動会で使う玉入れ用の玉を使って的に当てるものです。

蝶結びよりも出題頻度は高いです。

正確に的に当てれば評価されるものではなく、ルールや協調性、表情、意欲などを採点するものです。

学習院では、紅白の玉を各2個ずつ渡して、2人ずつ並んで、線からはみ出さずに、玉と同じ色の的に向かって投げます。

指示を聞いていないと線を踏み越えたり、違う色の的に向かって投げます。負けず嫌いな子も、気付かないうちに線を越えやすいです。

当たらなかったときの表情も千差万別です。当たったときよりも差があります。

泣きそうな顔、悔しがりな顔、チキショー顔、ひょうひょうとした顔、ママに叱られるのが怖くて怯えた顔、残念でもニコニコ顔、舌打ちする顔・・・性格がモロに表れるので、見ていて面白いです。(さ〜て、学習院が欲しいのは、どんな顔のお子様かな)

今日の的当ての課題は、これらとは全然違いまして、ただのボール投げです。要するにキャッチボールです。

子供って、不思議なことに、練習をしないと真っ直ぐにボールを投げることが出来ないのです。

真っ直ぐに投げたつもりでも、右45度に投げたり、左45度に飛んでいってしまいます。真っ直ぐではなく、下に叩きつけてしまうお子さんもいます。

補助なしの自転車に乗れるのと同じで、慣れたら真っ直ぐに投げられますので、公園で練習してください。

キャッチは更に難易度が高いです。親が下手投げで、ふわっと投げて何回かに1回取れたら、それでOKにしましょう。

小学生のように上手投げで、互いにキャッチボールするのは、年齢的に厳しいです。

ボールがあさっての方角ではなく、真っ直ぐに投げられるようになれば、的当ては楽しいゲームになります。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

「ひとりでとっくん365日」を使います。1月の第1週目に12冊の1巡目が終わります。

今日は、7冊目の21〜31までの11枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

学習時間=46分+復習3分

方眼の移動は基準点を数えませんが、幼児って数えてしまいますね。そのうちに慣れるので、ご心配なく。

図形の記憶を選ぶのは簡単かな。描くのは少し難しいです。

生態系は頭の善し悪しではなく、知っているかどうかなので、覚えちゃってください。

◆重要◆

方眼の移動は、ペーパーだけではなく、お風呂に入っているときに壁のタイルで遊んだり、障子やマンションのベランダ、板チョコなど、目に付くもので遊ぶことが出来ます。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。
(きっと良いことがあります)

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.