小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 016日目

子供をキラキラと輝かせる

おはようございます。

先日、年少の娘のお遊戯会を見に行きました。

正直に言うと、ショックの一言です。

合唱では半分は口パクで、合奏ではタンバリンでしたが、覇気が全く見られません。

良かった点は、合唱や合奏の際に、誰よりも姿勢良く舞台に立っていたことくらいです。

しかし、演劇での動きやセリフでは、デレデレとしていて、見てはいられませんでした。

早生まれなので「自分が何のために何をしているのかを理解していない」ので仕方がないです。

年長になったときのお遊戯会では「観客の皆さん、私を見て!」というような娘に変身させようと思っています。

女の子は男の子よりも凄いですよね。

少数ですが、年少さんのうちから「私の演技を見て!」とアピールしているお子さんがいるのですから。

年長さんのお遊戯会になると、たった2歳の違いなのですが、身体も大きくなり、自己アピール力は抜群です。

陶酔しきったように歌い、メリハリのある感情のこもった素晴らしい演技をするお子さんが増えます。

皆さんのお子さんのお遊戯会は如何でしたか?

自分の子供が、クラスの誰よりも輝いていましたか!

それは良かったです。入試当日も同じように、誰よりも輝いているはずなので、あなたのお子さんは必ずや試験官の目に留まることでしょう。

入試は競争率が5倍なら、横一列に並んだ5人の子供の中から、たったの1名が選ばれる倍率です。

競争率が10倍なら、横一列の10名の中から、たったの1名だけが選ばれて、残り大多数の9名が涙するのです。

「いやぁ〜この子は輝いているねぇ〜」

このようなオーラがないと、その他大多数の中に埋もれてしまいます。

残念ながら、愛する娘はお遊戯会を見る限り、間違いなく最下位グループに属していると思いますので、現時点で入試があった場合は、仮にペーパーが満点でも確実に不合格になるでしょう。(間違いないです)

10名に1名しか合格できないのだから無理もないです。成績優秀で且つキラキラと輝いているお子さんに1名の合格枠は取られてしまうのです。

ここまで読んで心配になりましたか?

お遊戯会では、うちの子よりも輝いている子供たちがたくさんいましたか?

心配しなくても大丈夫です。

年中さんは、これからの1年間で大きく成長するのですから!

そのためには・・・

(1)自分と向き合い、自分を知ること

自分の長所と短所を理解した上で、長所を伸ばして、短所を改善できるように意識させることです。

自分の長所と短所が言えるお子さんほど成長は早いですが、自分を見なかったり、気付かないお子さんほど改善は望めません。

(2)自分が何のために何をしているのかを理解していること

親は子供に「〜しなさい」とか、「〜はダメです」と言いますが、何のために何をしなければならないのかを教える必要があります。

「どうしてお片付けをしなくてはならないのですか?」と聞かれたときに、「ママがうるさいから」とか「ママに叱られるから」と答えるようでは成長は望めません。

そのような答えになった原因はそのように育てた親なのです。

(3)長所は当然ですが、短所をちょっとでも改善できたら、メチャクチャ誉めること

輝いているなぁ〜と思うお子さんの親は、決まって誉め上手なんですね。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

◆今日の学習◆

「ひとりでとっくん365日」を使います。1月の第1週目に12冊の1巡目が終わります。

今日は、4冊目の25〜30までの06枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

所要時間=51分+復習3分

エスポッポ倶楽部のホームページに、私が実際に息子に教えた各ページの感想(但し、サンプルは1冊目から4冊目まで)が載っているので、お時間のある方は、あの上田の息子でもこの程度なのかと見て安心をしてください。

→エスポのホームページ
→エスポッポ倶楽部をクリック
→ブログ実況をクリック
→ひとりでとっくんをクリック
→カテゴリー一覧から
→04冊目をクリック

◆重要◆

最後の「違う数」という概念は難しいかなと思いますが、自転車や水泳の習得と同じで、そのうちに慣れます。それ以外のページは、それほど難しくはありません。覚えるだけですから。

◆お願い◆

毎日の学習の取り組みをこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。
(きっと良いことがあります)

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.