小学校受験はエスポワール

 


今日の学習 003日目

年少さんからのペーパー学習は早すぎます

おはようございます。

年少さんの読者の方から、2保受験が叶わなかったので、早速このメルマガを登録して学習を始めたとありました。

個人的にはお勧めはしません。世の中には適齢期というものがあります。小学校受験のペーパー学習は、入試の1年前で十分です。幼児期の1年の違いはとても大きいので、高校受験の中学3年生に大学受験の勉強を教えるようなものです。天才的な頭脳の持ち主なら付いていくことができますが、並の頭脳なら、勉強嫌いを作るだけでしょう。

我が家の小娘も年少ですが、勉強に関しては何もしていませんし、ペーパー学習をするつもりもありません。私とおままごとをしたり、公園でシーソー遊びをしたり、補助付きの自転車で遠出をしたり、サンリオピューロランドへ連れて行ったりしています。

但し、公園では葉っぱやドングリを集めて、数を数えたり、仲良く分けたり、尻取りをしたり、カルタで遊んだり、スーパーで商品の名前を教えるくらいです。「ひとりでとっくん365日」なんか解かせませんよ。ペーパーは解かせないけれど、来年に問題集を開いたときに、初見でも解けるように、本人が気付かないうちに生活の中で教えてはいます。

先日、ヘアサロンで雑誌を読んでいたら、なんでも鑑定団やおもちゃ博物館で有名な北原照久さんのインタビュー記事がありました。

彼のお母様からの教えは、(相手や物事に)関心を持ち、感動して、そして感謝をしなさいということです。彼はその教えを守り、どこで外食しても、駅ホームの立ち食いうどん屋さんでも、「とても美味しかったよ、どうもありがとう」と感想を相手に伝えるそうです。私自身は、本当に美味しかったときだけ、板前さんやシェフに感謝の気持ちを伝えていましたが、一瞬の出逢いの相手でさえ幸せな気持ちにさせるなんて、すごいなぁと思いました。北原さんは、この関心、感動、感謝を「3カン運動」と呼んでいますが、これって子育てにも通じますよね。

さて、皆さんの学習は如何ですか。へぇ〜こんな言葉も知らないのかと驚かれたかと思います。これから先は、ビックリすることがたくさん出てきます。生まれてから、たったの4〜5年、言葉を話し出して3〜4年しか経っていないのだから、知らないことばかりなのは当然のことです。

カリカリせずに、へぇ〜ビックリと楽しんでください。

スパルタ式に教えれば半年後には理解をすることはできるでしょう。また、解答までのプロセスだけをサラッと教えて何巡か繰り返えすだけでも半年後には理解をすることができます。しかし、将来的にはこの2者には大きな違いが出てきます。前者は勉強嫌いを生み出し、後者は勉強好きにさせるだけです。

◆今日の学習◆

「ひとりでとっくん365日」を使います。1月の第1週目に12冊の1巡目が終わります。

今日は、1冊目の17〜24までの08枚をコピーして学習してください。

◆実際に教えた感想◆

所要時間=38分 (最初なのでスローペースですが、徐々に枚数が増えます)

エスポッポ倶楽部のホームページに、私が実際に息子に教えた各ページの感想(但し、サンプルは1冊目から4冊目まで)が載っているので、お時間のある方は、あの上田の息子でもこの程度なのかと見て安心をしてください。

→エスポのホームページ
→エスポッポ倶楽部をクリック
→ブログ実況をクリック
→ひとりでとっくんをクリック
→カテゴリー一覧から
→01冊目をクリック

◆注意点◆

単語も覚えるまで反復特訓をする必要はないです。園の行き帰りに「秋の花でこんな形のお花は何だっけ?」とか「卵やクリームをカシャカシャかき混ぜるモノは何ていう名前か覚えているかな」と聞いて、覚えているか確認するだけで十分です。

◆重要◆

間違えても理解できるまで教え込まなくてもよいです。同じ問題集を何度も繰り返しますので、初回は不正解でも、正解までのプロセスを教えるだけで次のプリントに進むことです。

◆お願い◆

今日の8枚を教えた感想をこのメールに返信してお送りください。既に先へ進んでいる方は、「今日の勉強は何をしたのか」を教えてください。お待ちしています。
(きっと良いことがあります)

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(エスポワール:上田トモヤ)


メルマガの記事一覧に戻る

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.