小学校受験はエスポワール

 

 (最終回) ありがとうございました

おはようございます。

遂に最終回が来てしまいました。

一番ホッとしているのは、エスポワールの現場の先生かなと思っています。

いろいろと問題発言も書いてきたからね。

「子供を一番の大切な宝物とすれば、受験なんてゴミみたいなもの」(9月12日)

と書いた日もありました。

皆さんは発言の真意を汲み取って頂けたようなので、抗議のメールは1件もなったのですが、保護者と対面する現場の先生にとっては、勘弁してくれと言う気持ちだったでしょう。

先生方には、毎日ハラハラさせて、大変に申し訳なかったと思っています。

また、この1年間に皆様から数多くのメールを頂戴しました。

全ての方にお返事を書くことが出来ず、申し訳ない気持ちで一杯です。

メールをお送り頂いた皆様には、改めてお礼を申し上げます。

このメルマガの読者の皆様も、第1号が197名で、最終回が1575名となりました。

このような拙い内容のメルマガでも、これだけの読者がいるんだなぁ〜と思うと、感動と同時に、照れくさいです。

毎回、好き勝手なことを書かせて頂きましたが、お付き合いをして頂きまして、本当にありがとうございました。

この携帯メルマガは、息子が新年中になったのを機に書かせて頂きました。

息子が年中である今でこそ、同じような年齢の子供を持つ親御さんにリアルに伝わるものがあると思ったからです。

空論ではなくて、本当に実効性がある話題かどうか。

それって、重大なことですよね。

今しか書けないと思ったから、ここまで続いたと思っています。

息子が新年長になってからも続けたかったけれど、この1年間で、伝えたいことの全てを書き尽くしたので止めておきます。

私の更なる使命は、息子が新年長でなければ出来ないことかなと思っています。

皆さんが使用している定番の問題集を使って、私の手で実際に子供に教えてみること。

そこで気付いたことをリアルにご報告することだと考えています。

一般の親は、常にその時点で完璧に出来ることを求めがちなので、そうした硬直した考え方を正そうと思っています。

でなければ、子供にとってのペーパー学習は、楽しくないものになりがちだから。

さてさて、私がこの1年間メルマガで、繰り返し書いてきたことがあります。

それは、夫婦間、親子間、兄弟姉妹間で、互いに感謝やお詫びの言葉を言い合うこと。

「ありがとう」

「ごめんなさい」

子供が大きくなってから習慣づけても、絶対に手遅れになります。

幼児期の今でなければ無理です。

それ以前に子供が見ている前で夫婦間で使わなければ、誰も従いません。

食事の前後、起床や就寝時、外出や帰宅時のご挨拶も同じです。

やらせるのではありません。皆がするのです。

こんな当たり前のことが出来ないだけで、家庭なんかは、いとも簡単に崩壊していくものです。

次に大切なことは …

ママは子供を抱きしめましょう。

パパも子供を抱きしめましょう。

パパはママを力強く抱きしめて、日頃の感謝と愛の言葉を捧げましょう。

それとね、家族の誰もが笑顔でいること。

これで、家族のみんなが、必ず幸せになります。シングルマザーさんもね。

私からのメッセージはこれでお終いです。

1年間のご購読をありがとうございました。

メルマガをご覧の皆様に心より感謝を申し上げます。

皆さん、本当に本当にありがとう!

さようなら。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.