小学校受験はエスポワール

 

 (第223回) 勉強以上に大切なこと

おはようございます。

あと5ヶ月が過ぎたら、ピカピカの1年生です。

1年間がこのスピードなので、5ヶ月なんて目の前ですよね。

小学校に通うようになったら、どのように育てようと考えてますか?

まだ年長さんだから、それから先の未来のことは考えられないかな。

もちろん、引き続き勉強のアシストをするのは当然ですし、誉め続けるのも当然ですよね。

他にはありますか?

私は読書だと思っています。

幼児期の読書は、語彙が豊富になり、高度な日本語を話すことが出来るようになります。

頭の回転も速まるでしょう。

それに対して、小学生の読書は、人の心を知り、物事の道理を知る、いわゆる情操を養うものだと思っています。

私の中では、勉強よりも上位に位置づけられて、優先順位の第一位です。

ちなみに、第二位も勉強ではなく、私自身が息子や娘に直接教える、世の中の原理原則です。

実際に何か問題が起きてから …

「お父さんや、お母さんの言う通りにしなさい。いつかお前にも判るときが来るから」

このようになる前に、自分で正しい判断が出来るような、あらゆる教養を身に付けさせたいと思っています。

そうすることができれば …

「自分で決めたことだから、自信を持って貫きなさい」

と、親も迷いなく言えることでしょう。

その為には、先人の英知が詰まった数多くの良書を読む機会を与える必要があります。

幾通りの人生を疑似体験できたり、幅広い知識を吸収できたりしますよね。

更に、親から子へ直接的に、哲学、道徳、宗教(全般)、歴史、文化、経済を教える必要があると思うのです。

これらは、勉強以上に大切なこと。

堂々と生きていくためにね。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.