小学校受験はエスポワール

 

 (第217回) 天命を待つ

おはようございます。

ここ数日のメルマガの記事は、なんか物足りないなぁ〜と感じている年中さんや年少さんの親御さんは多いはずです。

何故なら、私自身も同じように思っているからです。

全国で最大規模の入試が、来週の火曜日と再来週の土曜日に集中しているので、この直前の時期に、新たな話題を提供することはできません。

今は、静かにそーっとしてあげたいと思っています。

闘志に燃えているご家族もいます。

ただただ祈るだけのご家族もいます。

時間が止まり、空虚な気持ちのご家族もいます。

想い出が走馬燈のように駈け巡って、子供を愛おしく感じているご家族もいます。

私が受験生の親なら、今頃は何を思うかな。

私自身の人生を振り返れば、多少の紆余曲折がありながらも現在があり、曲折がなければ出会うことがなかった妻がいて、その妻に出会えた為に、愛する子供たちが存在しています。

本当に感謝してます。

仕事も、あそこの人生の岐路であっちへ行って、次の岐路でこっちへ行ったからこそ、天職だと思えるような仕事に巡り会うことができました。

これにも感謝です。

昔から「人間万事塞翁が馬」って言いますよね。

私は、人生の岐路には、神様が良かれと思っているところへ導いてくれていると信じています。

努力をしないのなら話は別ですが、人事を尽くしたのなら、後は天命を待つだけです。

自分の子供も、現時点で最も相応しい道へ導いてくださるのだろうと。それが親の望む道とは一致しなくてもね。

まだまだ、生まれてから6年しか経ってない人生なのだから、長〜い目で見守ることにしています。

入試当日も …

「思いっきり、楽しんできてね〜」

と、笑顔で送り出そうかな。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.