小学校受験はエスポワール

 

 (第188回) 合格率の高い神社?

おはようございます。

ここ何日かのメルマガは、時期も時期だけに、言葉を選ぶことが多かったので疲れました。

書いた分量の半分くらいは削ったので、行間も併せて読んで頂ければと思っています。

今日は、パーッと私のストレス発散を兼ねた、くだけた話題を書きます。

私の家の直ぐそばには、お茶の水女子大、筑波大、東京学芸大の3つの国立小学校があります。

1次試験は抽選です。2次が考査で、3次も抽選なのです。

お茶の水の1次は、女子13倍、男子8倍です。

筑波の1次は男女とも約2倍です。

東京学芸大(竹早小)の1次は男女とも約4倍です。

凄い数字でしょ?

試験を受けられるだけでも幸せなことなのです。

お茶の水なら、13面体のサイコロを振って、執念で1の目を出すくらいのクジ運が必要です。

更に、考査の競争率は3倍です。

3次の抽選は2倍です。

最終競争率は、80倍もあるのです。

関西方面を除いた地方の国立小なら、1次抽選なし、考査が2倍、最後の抽選が2倍で、最終競争率が4倍になるのが平均的だと思います。

毎年、メールで様々なご質問を頂きますが、昨年の相談には驚かされました。

それは …

「合格している方がお参りしている神社を教えてください」です。

定番のお受験服、定番の写真館、最後の最後は、定番の神社らしいです …

私は「知りません」とお返事をしました。

お賽銭箱に100円玉を入れて、合格させてくださいと祈ったところで、願い事が叶うとは思えないのです。

七五三のように、ここまで無事に生きて大きくなりましたと、感謝を捧げに行くところだと思っているからです。

私は、古刹や歴史のある神社境内の凛とした空気が好きなので、暇さえあれば散策に出掛けます。

寺院でも神社でも手を合わせているのですが、いつも …

「美しい妻と、可愛い子供たちが、今日も無事でいてくれて、ありがとうございます」

と、行く先々の仏様や神様に感謝をしています。

家族が一人も欠けずにいるなんてことは、永遠には続かないのです。

どんなに愛していても、今の家族は、やがて一人ずつ欠けていきます。

それを思うと、今が一番幸せなのでしょう。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.