小学校受験はエスポワール

 

 (第177回) 就寝の儀式

おはようございます。

今朝の東京は、空気が澄みきっていて、とても気持ちが良かったです。

さて、そろそろお盆ですよね。

帰省ですか。ご旅行ですか。それとも行楽地でしょうか。別荘の人もいるかな。

帰省の際は「お祖父様、お祖母様、こんにちは。お世話になります。」と頭を下げる練習をさせてからお出掛けください。

ご旅行で旅館にお泊まりの場合は、仲居さんに「こんにちは、お世話になります」と正座して言わせましょう。勿論、子供だけではなく親もね。

帰りは「お世話になりました。とても楽しかったです」かな。

行楽地の場合は、切符を買わせたり、次の行動を決めさせたり、たまには子供に仕切らせましょう。

別荘にお出掛けの方は、地元の商店で子供に買い物をさせましょう。

家族で外に出たら、大人と同じことをさせる(言わせる)か、または、大人の代行をさせてください。

年長の夏は、精神的にぐーんと成長するはずです。

えっ!何処にもお出掛けをしませんか。

家にいながらも、子供の成長のために、出来ることはあります。

私は息子を寝かしつけるときに …

「今日は何か良いことをしましたか?」と聞くのが習慣です。

「年少さんに絵本を読んであげました」と答えた日もありました。

「どんな気持ちになりましたか?」と聞きます。

「何だか、気持ち良かったです」と答えてくれました。

「それでは、今日は何か悪いことをしましたか?」と重ねて聞きます。

「○○(妹)のホッペを引っ掻いて血が出ました」と答えた日もありました。

「どんな気持ちになりましたか?」と聞きます。

「悪いことをしたと思います」と答えてくれました。

何もない日は、何もなかったと答えればよいのです。

「それでは、お休みなさい」と私が言い。

「お休みなさい」と息子が言います。

これは、我が家の就寝の儀式です。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.