小学校受験はエスポワール

 

 (第176回) 生まれてきてくれて、ありがとう

おはようございます。

ちょうど今頃は、お盆の直前でもあり、皆さんの精神状態が比較的に安定している時期だと思っています。

なので、今のうちに重要なことを書いておきます。

「難関校を狙えば、落ちると思ってください」

競争率が5倍なら、4人が落ちて、たった1人が合格できるのです。

競争率が10倍なら、9人が落ちて、たった1人だけが合格するのです。

残念だった9人も、必死に勉強をして、出来る限りの努力を積み重ねてきた人も多いはずです。

10人を並べて、その中からNo.1しか選ばれない。これが「お受験」なのです。

それでは、序列で2番目は優秀ではないと言えば、違いますよね。

2番目も3番目も、メチャクチャ優秀なのです。ほんの僅差で破れただけだと思います。

ほんの僅差のはずなのに、1番の親は天にも昇るような幸せな気持ちになり、2番目や3番目の親は、不幸のどん底に落とされたような気持ちになるのです。

そして、親は悩みます。何が悪かったんだろうと。致命傷は何だろうと。・・・僅差であるにもかかわらずです。

皆さんも、十分すぎるほどの準備をしていると思います。

●ペーパーもかなり頑張っている

●礼儀作法も、以前よりも良くなりつつある

●指示行動も、面接の練習も少しずつ上手になったような気がする

この3つが、入試日までに、後悔しないように出来ていれば良いのです。

難関校を受験する場合は、この3つ以外に、最後にとっておきのスパイスを隠し味として一振りしましょう。

それは、我が子にピッカピカのオーラを身に付けさせることです。

10人が並んだら、我が子だけが、眩しいくらいのオーラを放つようにするのです。

ピカピカさせるのは簡単です。

それは …

「生まれてきてくれて、ありがとう」

と常に心の中で思い続けることです。

これは嘘じゃないよ。

上田に騙されたと思って、子供と目を合わせるたびに、心の中でつぶやいてください。

親が子供に接する態度や言葉遣いに、必ず変化が起きます。

心の底から愛情が込み上げてくるのです。

子供は親の愛情を察知して、ピカピカのオーラを自然と放つのです。

私の言うことが、嘘かどうかは、今日にでも試してください。

1週間続けたら、子供はピカピカになっているはずです。

子供と目が合ったら、その瞳をじっと見つめて …

『生まれてきてくれて、ありがとう』

と心の中で念じてくださいね。私の場合は、ウルウルと涙が出てきます。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.