小学校受験はエスポワール

 

 (第162回) 脳のキャパを大きくする方法

おはようございます。

この時期になっても、指示行動で悩んでいる方がいらっしゃるようです。

一度に複数の指示を与えられると、新しい指示を聞く度に、古い指示から忘れてしまうようです。

いくら練習しても、脳のキャパが大きくならないと心配しています。

この方に、何か良いアドバイスはないかなぁ。

そう言えば、中華料理屋さんはスゴイですよね。

次々に入るオーダーを丸暗記して、料理をテキパキと作りますよね。

記憶力が良くなければ、調理人になれないわけではないので、たくさん覚えられるのは、きっと慣れなんでしょう。

『慣れれば大丈夫ですよ』

アドバイスは、以上です。

これでは、ちょっと味気ないよね。

ちなみに、エスポワールの記憶に関する授業(年長)の「数の復唱・逆唱」と「お買い物ゲーム」は既に紹介しました。

その他は、年に1回限りの授業ですが、短歌の丸暗記があります。

短歌は短いので、誰でも授業中に覚えられます。

その他には、詩の朗読と暗記の授業が複数回あります。

例えば、谷川俊太郎さんの1編の詩を家で丸暗記してもらい、授業中に発表するのです。

この他には …

先週のリーダー(日直)さんが、翌週の冒頭で、予め渡されている台本を丸暗記して、授業(保護者参観)を行います。

この丸暗記は結構覚えるのが難しいです。

ご参考までに、5月第4週の台本は …

『先週の復習をします。先週はクネクネ道を色々な物に見立てて絵を描きました。

1本の線から、鳥や象など、いろいろな物を見つけることができて楽しかったですね。

その後、劇の発表会をしました。

お父様、お母様方からたくさんの拍手をもらえて、嬉しかったですね。

それでは、みんなに質問します。悪い狼が今、この教室に来たら何処に隠れますか?

名前を呼ばれたら立ってください。

「○○君(ちゃん)、何処に隠れますか?」

(お友達が答えを言ったら)

「分かりました、座ってください」

(全員が答えるまで、この繰り返し)

狼が来たら、一番小さいヤギのように上手に隠れましょう。

これで先週の復習を終わります』

台本は以上です。

本物の台本は全て平仮名で書いてあります。今回は全部で285文字です。

これを1週間で覚えなければなりません。

最初の頃は、完全に覚えられるようになるまで何日も練習しますが、場数を踏むと、5〜6回の練習で丸暗記ができるようです。

脳のキャパが小さい場合は、大量の文を丸暗記して、強引にキャパを大きくするのも、一つの手だと思います。

この手法は「指示行動」だけではなく「お話の記憶」も得意になるかもね。

ご家庭では、谷川俊太郎さんの詩をお薦めします。

ほのぼのとした美しい詩ですから。

それを丸暗記して、帰宅したお父様の前で披露してください。

ど忘れしたら、お母様が小声で補助してあげてね。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.