小学校受験はエスポワール

 

 (第157回) 一芸で輝こう!

おはようございます。

今日の東京の最高気温は29度の予報です。

大阪の予報を覗いてみたら33度になっていました。今日は暑くなりそうですね。

昨日のメルマガの最後に書こうと思っていて、すっかり忘れてしまったことがあります。

それは「1曲だけでよいので、持ち歌を用意したら如何でしょうか」です。

歌唱発表がある学校は、あまりないので、実際の入試には役立ちません。

だから、私からは「すべき」ではなく「如何でしょうか」程度の提案です。

できれば、誰もが歌える歌よりも、少し難しいのがいいかな。

「アイアイ」よりも「お猿の篭屋」の方が、相手を唸らせることができます。

大人の世界でも、一芸を持っていると、コンパや宴会で皆を楽しませることができますよね。

どのような会に、お呼ばれされても、苦痛にはならないでしょう。

子供の世界でも、取り敢えず、一芸を持っていると心強いものです。

入試で披露する機会が皆無とは限らないのですから。

エスポワールの子供たちが身に付けている、とっておきは …

3月18日のメルマガでも紹介しました「手話付きで課題曲を歌う」(新年長の1月に学習済)です。

忘れずにいてくれたら、小学生になっても、中学生になっても、周りの皆に披露することができます。

聴覚を失ってしまった方々に披露をする機会があれば、きっと喜んで頂けると思います。

このメルマガの読者の皆さんは、全く同じことではなくてもよいのです。

先ほどは、歌を覚えましょうと書きましたが、歌でなくても構いません。

これだけは誰にも負けないことや、他人に誇れる何かを持つことは、生きていく上で重要です。

入試でも、人生でも、堂々と胸を張ることができます。

これは、幼児でも大人でも同じこと。

自分には誇れるものは何もないと、コソコソしているのは、つまらない人生だよね。

この先の4ヶ月で「私って、スゴイ!」と思わせる何かを見つけさせてください。

これが見つかれば、何かが変わります。

何が変わるかって?

子供の顔つきが変わるのです。

キラキラってね。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.