小学校受験はエスポワール

 

 (第156回) 試練を乗り越えて強くなろう

おはようございます。

先月26日のメルマガで、試練のある厳しい授業のアシスタントに入った話を書きました。

メルマガでは、その授業内容には触れませんでしたが、問い合わせが何件かありましたので、簡単に紹介します。

その時に紹介できなかった理由は、メルマガを書いた日の4日後まで、同じカリキュラムの授業が続いていたからです。

授業のルールは、そんなに難しくはありません。

1.袋に入ったカードをそれぞれが一枚ずつ引きます

2.そのカードに描いてある絵が出てくる歌をあとで歌ってもらいます

3.歌えそうにない絵なら、他の絵を持っているお友達と交換してください

4.誰も交換してくれなかったら、もう一度カードを引くことができます

5.それでも歌えないカードで、お友達も交換してくれなかったら、更にもう一度だけ引くことができます

6.歌う順番は皆で話し合って決めてください

こんな感じです。

そして、一人ずつ保護者の前へ出てアカペラで歌うのです。

幼稚園や保育園で習うような歌の絵を用意していますが、誰もが知っているわけではありません。

その歌を知っているつもりでも、歌い始めてみると、歌詞を覚えているとは限りません。

保護者が並ぶ前で、ポツンと一人で立つと、歌詞が浮かんでこない場合もあります。

子どもの気持ちになって、ご一緒に考えてください …

例えば「木」の絵の場合は、何を歌いますか。

何も思いつきませんか?

難しいですよね。

木が出てくる歌ですよ。

元ちとせの「ワダツミの木」ですか。これは大人の歌ですね。

年長さんなら「大きな栗の木の下で」だったら歌えるでしょう。

例えば「猿」なら、何でしょうか。

「お猿の篭屋」がありますよね。でも、この歌詞は難しそうですね。私には1番を歌いきる自信がありません。

でも「アイアイ」なら誰でも歌えそうです。

・・・そして、一人ずつ保護者の皆さんの前に出て歌うのです。

緊張して失敗したって構わないんだよね。

一昨日の職員会議で知ったのですが、参観時に、穴があったら入りたい心境になってしまった親御さんが、何人かいらっしゃったようです。

今のうちに、たくさん緊張して、たくさん失敗をすれば、その分だけ強くなれるので、気にしないことです。

その日が、入試の当日でなくてラッキーだったと思ってください。

メルマガ読者の皆さんは、お子さんと一緒のお買い物の時に …

「(例:肉屋で)こんにちは」

「(例:合い挽き200g)をください」

「ありがとうございます」

相手の目を見ながら、この3つを堂々と言うことができれば、入試で舞い上がることはないでしょう。

言えなければ、言えるようになるまで、あちこちの商店街で武者修行をさせてください。

子供に辛い思いをさせるようで可哀想ですか。

可哀想なんかではありません。

この3つを相手に伝えることは、人として、アタリマエのことなんです。

年長さんならできます。

緊張しやすい性格なら、少しずつ強くなろうね。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.