小学校受験はエスポワール

 

 (第154回) 7月から先の4ヶ月予報は … 特にないです

おはようございます。

今日から7月になりましたね。

3月の終わりに、4月〜6月までの3ヶ月予報を書きました。

その続きの7月からの長期予報を心待ちにしている方には申し訳ないのですが、大きな節目のあるような予報はありません。

粛々と学習を継続している人は、自分で自分を誉めてあげたい気分になります。

何度も繰り返した数多くの問題集を眺めながら、これだけやったのだから、運を天に任せるしかないと、穏やかな気持ちになるでしょう。

ペーパー塾や個人指導の先生に丸投げをした人は、自分が関わっていないだけに、とても落ち着かない日々を過ごすことになります。

そのために、9月と10月の直前講習をたくさん受講しないと、不安で不安でたまらなくなります。

講習に大金を注ぎ込めば、それだけで何かたくさんの勉強をしたような気になって、精神的に少しは落ち着くものです。

ところが、入試直前になって、ペーパー塾や個人指導の先生とのお別れの時期になると、強烈な不安が襲いかかってきます。

他人に依存をしてきたのだから無理もないことです。禁断症状の現れかな。

ペーパー塾や個人指導の先生に習うことを否定するわけではありません。

好奇心が人一倍に旺盛だったり、鼻っ柱が強くて負けず嫌いな子供や、精神年齢が飛び抜けて高い子供は、授業を聞いているだけで成績が伸びます。

クラス全体のトップ2割くらいの子供たちが、それに該当します。

残りの8割の子供たちは、その中の上位から下位に向かって、徐々に費用対効果が薄れてくるのです。

最下位グループの子供たちは、秋になっても公開模試の問題が(ケアレスミスではなく)チンプンカンプンです。

何百万円も費やしてもこの状態だと、全くシャレにもなりません。

ペーパー塾の先生も個人指導の先生も、一切の「責任」を負いませんし、当たり前ですが「返金」もしません。

そもそも、一定時間に一定の勉強を教える契約であって、一定レベルまで学力を伸ばす契約ではないからです。

契約が終わったら「はい、それまでよ」です。

1年も2年も通って、今の時期の公開模試で(緊張によるケアレスミスを除いて)基本中の基本問題が解けずに、不正解だったら …

直ぐにでも目を覚ましてください。

難関校は無理だとしても、それ以外の学校なら、今から残り4ヶ月の親子の頑張り次第では、何とかなるかもしれません。

今がやり直しのラストチャンスです。

『自分の子が、たまらなく可愛いと思えるのなら、艱難辛苦を共に乗り越えることです』

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.