小学校受験はエスポワール

 

 (第148回) 叱らないで教えられる魔法の言葉

おはようございます。

学校説明会へ参加してから、心が浮き足立って、落ち着かない毎日を過ごしていると思います。

分かっちゃいるけれど、イライラしますよね。

家にいるとその矛先は、どうしても子供へと向かいます。

思い通りにならない日が多いので、普段の日より、幼児教室に通う日は余計にイラつきます。

「あ〜あ、学習が捗(はかど)らないうちに、1週間が経って、また幼児教室の日が来てしまった」ってね。

一度、ご自分のお顔を意識してください。

眉間から顎にかけての一直線に意識が集中していると思います。

人間はイライラしたり、不安があったりすると、顔の中心の縦一直線に、意識が集中するのです。

人差し指を立てて鼻の頭に置いてください。

ここです。

ここに意識が集まると、眉間が寄って、目も寄って、口も尖ってくるので、怖い顔や、怒った顔、泣きそうな顔に見えたりします。

この時期の、あちらこちらの幼児教室には、この手のお顔のお母様が大勢います。

逆に、幸せなときは、お顔の両側面に意識が集まります。

お顔の筋肉に緊張がないので、自然と目尻が下がり、口も横に広がって、優しいお顔になります。

もしかしたら、今の自分は最悪な顔をしているかな思ったら、鏡の中の自分を見ながら、お顔の側面に意識がいくようにしてください。

必ず、美しいお顔に戻ることができます。

お父さんでも、同じなんです。

お仕事で「参ったなぁ、困ったなぁ」と思うときもあるでしょう。

仕事で嫌なことがあったら、やはり、お顔の中心に意識が集まりますよね。

そのお顔のままで帰宅すると、嫌なムードが家中に、ジワーっと広がります。

玄関チャイムを鳴らすときに、無理をしてでも「ニコッ!」と作り笑いをしながら、押すようにしましょう。

きっと、家の中が明るくなるに違いありません。

さてさて、今日は一つ、勉強を教えているときに「叱らなくなる」魔法の言葉を伝授します。

それは、勉強を教えるときに、以下のことを実行してください。

お母さんが子供に向かって

「○○君(ちゃん)、今日も一日、よろしくお願いします」と言いながら、頭を下げます。

子供に

「お母さん(ママ)、こちらこそ、よろしくお願いします」と言わせて、頭を下げさせます。

勉強が終わったら …

お母さんが子供に向かって

「○○ちゃん、今日はこれで終わりです。ありがとうございました」と言いながら、頭を下げます。

子供に

「お母さん(ママ)、今日も教えてくれて、ありがとうございました」と言わせて、頭を下げさせます。

以上です。

エスポワールの上田に騙されたと思って、これを続けてみてください。

心理的に、絶対に叱れなくなります。

そして、忍耐強く教えられるようになります。

その結果、子供の理解力も急上昇します。

嘘じゃないよ、本当だよ。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.