小学校受験はエスポワール

 

 (第129回) 年長さんは更に上のお行儀を目指して欲しいです

おはようございます。

昨日のメルマガを読んで、クレヨンを1本使う度に、戻すように練習を始めた3歳児のお母様はいらっしゃいますか。

携帯メルマガの大部分は、今秋に受験する年長さん向けに書いています。

まだ3歳児なので、クレヨンをたくさん散らかしても構いません。

大股開きでも構いません。

ゴミを遠くから投げ込んでも構いません。

生まれたときから、やってはいけないことを全くさせないのではなく、自由奔放に伸び伸びとさせてから、徐々に教えればよいのです。

4歳頃になってから、どのマナーから厳しく指導するかは、各ご家庭の自由です。

5歳頃には一通りの最低限のマナーを身に付けてくれると嬉しいです。

お子さんの月齢を考えながら、ステップを踏まえて指導をしてください。

エスポワールでも、年中さんで許されていたことでも、年長さんになったら何度もやり直しをさせられることもあります。

例えば、年長さんになったら、教室に入るときは、立ったまま靴を脱がなければなりません。履くときも同様です。

しかし、年中さんは座り込んで脱着をしても構わないのです。

お子さんの身体と心の成長に応じた、マナーの指導をすればよいと考えています。

このメルマガを読んで、誤った受け止め方をされた為に、3歳児や4歳児が辛く苦しい思いをすることがないように願っています。

「今日のメルマガは目から鱗でした。早速、今日から実践させます」というメールを頂いて、年齢を見たら2歳だったりもします。

さて、一通りのマナーを身に付けることができた年長さんは、更に上を目指してください。

目指す先は、既に11月21日号に書いたのですが、覚えていますか。

●歩き方、座り方

これだけでも、子供の品性が顕れます。

●ご挨拶でのお辞儀の動作

首、背筋、ゆったりとしたスピード、頭を上げる間(ま)、指先がポイントです。

●目線

飛んでいったり、泳いでしまったら台無しです。相手が誰であろうと、しっかりと見据えないとね。

●話し方

子供相手の仕事をしていると(学校側も同じだと思いますが)、言葉遣いや会話の質で、家庭環境がバレバレなのです。

以上の4つを磨いてください。

くどいようですが、これらの4つも年長さん向けの話題です。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.