小学校受験はエスポワール

 

 (第113回)アンケート結果の総括

おはようございます。

昨日発表したアンケートの感想を書きます。

皆さん、結構頑張っているので驚きです。千名クラスの模試なら上位20%に入るくらいの学習量かもしれませんね。

平均的な難易度のペーパーを出す学校なら、現時点でボーダーラインを突破できる実力はついていることでしょう。

早生まれの人は模試を受けても、月齢による脳の発達の違いによって“類似”問題が解けない場合がありますが、今は気にしなくても大丈夫です。

月齢が高くても特定のジャンルで“応用”が全く利かない場合がありますが、これも脳が発達途上ゆえの結果なので、気にせず今のペースを保ってください。

進捗状況に載っているようなペースで進めて行けば、日本全国の国立や私立小学校のペーパーならボーダーラインを楽々と突破することは出来ます。

但し、東京と神奈川にあるペーパー難関校と言われる小学校だけは別です。特に女子校はね。

中学外部の偏差値が55前後よりも上にあるような“ペーパー難関校”を受けるなら、今のペースに甘んじることなく、模試では更に上位5%を目指してください。

過去問を調べて、以下のような学校だけを受験する場合はペーパー学習は不要です。

・ペーパーがなく個別考査だけの学校

・ペーパーがあっても簡単少量の形式的な問題を出す学校

・行動観察のみの学校

早稲田実業、慶應幼稚舎、青山学院、学習院、立教しか受けないよ!と言う方はペーパー関係の問題集は1冊も要りません。

過去問を買うだけで十分なので、その他のこと(行動観察など)に磨きを掛けてください。それでも狭き門です。

家庭学習で頑張っている人にハッパを掛けるためのメルマガなので、これからも私はプレッシャーを掛け続けるつもりです。

なので、ペーパー難関校を受けない方は、今回のような進捗状況は、さり気なくスルーしてください。

不眠症になってしまうよ。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.