小学校受験はエスポワール

 

 (第111回)恥ずかしがらずに「分かりません」と言いましょう

おはようございます。

アンケートにご協力を頂きましてありがとうございました。

じっくりと拝見してから、集計したいと思っています。

さて、今日はとても重要なことを書きます。

エスポワールでは頻繁に模擬面接の授業を行っていますが、一番気を付けなければならないことはなんだと思いますか?

正確に答える。

堂々と発言する。

大きな声を出す。

姿勢を良くする。

全部が正解ですが、これをしたら“いけません”というものがあります。

それは、押し黙ってしまうことです。

先生『お名前は何ですか』

子供「山田花子です」

先生『花子ちゃんの家の下駄箱の中には何が入っていますか』

子供「・・・・・」

基本的に子供は分からないことがあると黙ってしまいます。

分からない理由には2つあって、質問の意味が分からない場合と、質問の意味は分かっているけれど答えが分からない場合です。

花子ちゃんが黙ってしまったのは、下駄箱の意味が分からないのか、それとも中に何が入っているのか分からないのでしょう。

黙ってしまうのは子供らしくて可愛いですよね。

しかし、入試では誰も可愛いとは思ってくれません。(逆に目立ってしまうから)

入試は流れ作業のように粛々と進行するのです。

下駄箱の意味が分からなければ「下駄箱って何ですか?」と聞かなくてはなりません。

中に入っているのが分からなければ「分かりません」と言わなければなりません。

ペーパーが1位でも、黙り込んでしまっては評価はされないのです。

幼稚園受験なら、違う言い方で手助けをしてくれますが、小学校受験では助けてくれても表面上だけです。

うちの子は絶対に黙ってしまうと、心当たりのある方は今から練習するしかありません。

我が家では私が子供たちを別々にお風呂に入れてます。

最初は2歳の妹で、次に4歳の息子が入ってきます。

息子は必ずお風呂のドアをノックします。

「どうぞ」と言われるまで入ってはいけないのです。

「失礼します」と言いながら入らなくてはいけません。

「お座りください」と言われるまでお風呂椅子に座ってはいけません。

「お名前を教えてください」

「お歳はいくつですか」(「何歳何ヶ月ですか」の日もあります)

「今日は何月何日何曜日ですか」

以上はお決まりの質問です。

「この前の日曜日には何をしましたか」

「お父様からしてもらったことで一番嬉しかったことは何ですか」

「いつもお母様と何をして遊んでいるときが一番好きですか」

「最近、お母様に叱られたことは何ですか」

「どうして、それをしたらいけないのですか」

「二度としないためには、どうすればよいと思いますか」

お風呂から出るときは、必ず「ありがとうございました」と言わせています。

文章にすると、本格的な練習に見えますが、実際はお風呂に入ってから1分少々で終わります。

息子は黙ることのない性格なので、面接の練習よりは、その日の出来事を面接形式で誉めちぎったり、また反省させたりしています。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.