小学校受験はエスポワール

 

 (第105回)今年の子供たちは、かなり勉強してるよ

おはようございます。

今日はアンタッチャブルな「縁故」に関する話題を朝から昼過ぎまで、延々と書いていたのですが、配信直前にボツにしました。

既に午後2時過ぎなので、今日は職員会議ネタに変更します。

先週の年長さんは、言語の授業で「反意語」を勉強しました。

今年の子供たちは例年に比べて学習能力が驚くほど高いです。

毎年、模試での行動観察は満点なのに、ペーパーがちょっと弱いなって感じるお子様は少なからずいました。

エスポワールと平行しながら家庭学習で勉強をしていたり、大手の幼児教室へ通う人もいるのに、思うようにペーパーが伸びていない。

そもそも、勉強の方法が悪いんだよね。

行動観察の教室なので、今まではペーパーに関しての十分な指導ができていませんでした。

ペーパーのお教室に通っている人にとっては、余計なお世話だし、正反対の指摘だと混乱するしね。

そこで、正しい学習方法を教えるために、このメルマガを始めましたが、その成果は既に現れているようです。

11月の頃は大したことはなかったけれど、今では本当に凄い。みんな頑張ってるよね。

さて、反意語ですが、教えるまでもなく理解しているお子さんが多かったです。

「たかい」に対して「ひくい」と「やすい」の2つを言い当てました。

「あつい」に対して「うすい」「さむい」「つめたい」の3つを揃えることもできました。

この他で主なものは

「長い」−「短い」

「大きい」−「小さい」

「広い」−「狭い」

「強い」−「弱い」

「硬い」−「柔らかい」

「重い」−「軽い」

「濃い」−「薄い」

「新しい」−「古い」

「暖かい」−「涼しい」

「早(速)い」−「遅い」

「明るい」−「暗い」

「良い」−「悪い」

などなど。

皆さんのお子さんは大丈夫ですか。

「広い」に対して「広くない」と打ち消しで反対の意味にしてはいませんか。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.