小学校受験はエスポワール

 

 (第79回) 教室でのご両親の呼び方

おはようございます。

今日はご両親の呼び方です。

以前にも書きましたが、エスポワールでは入室時に「お母様、行って参ります」と言います。

退室時は一人ずつ待合室の保護者の前に立ち「お父様方、お母様方、さようなら」または「お父様、お母様、さようなら」と言います。

違和感を感じる方もいるとは思いますが、ご両親が名門小ご出身のご家庭では珍しくはないです。

実際に一番多いのは「お父さん」「お母さん」で、その次は「パパ」「ママ」です。

ご家庭での呼び方はそれぞれです。

入退室時の呼び方は統一する必要があるので、一番丁寧な呼び方に合わせています。

教室内でのスピーチでは「お父様は・お父さんは」「お母様は・お母さんは」を使っています。パパ、ママは使いません。

面接の授業では子供に「お父様は」「お母様は」と問い掛けますが、回答はスピーチと同じで「お父様は」「お父さんは」です。

園児ゆえに「父は」「母は」は使わなくても、それぞれの名門校へ多くが合格しているので、影響はないと考えています。

我が家は年少さんでもあり、2歳の小娘もいるので、家庭内ではまだ「パパ」です。

そろそろ「お父さん」と呼ばせようかなと思っています。

「お父様」も候補の一つとして考えています。

しかし、エスポワールには、お亡くなりになったときに、新聞の訃報欄に載るような本物のお父様が多いからなぁ。

だから、私が息子からそのように呼ばれるには、ちょっと分不相応かも。

取り敢えず、もっと頑張って、自分自身を向上させようっと。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.