小学校受験はエスポワール

 

 (第67回)  工作の達人になる … その1

おはようございます。

今週は入試での工作についての連載です。

エスポワールではどのように取り組んでいるのかを紹介します。

まず最初に、工作には

(1)課題作品

(2)自由作品

(3)自由課題作品

以上の3種類があります。

(1)の課題作品は、与えられた道具と材料を用いて、試験官の指示通りに同じ物を作ります。

分かりやすく説明すると、画用紙にサイコロの展開図が描いてあり、指示通りにハサミで切り、指示通りに糊を使って組み立てるです。

実際にはこんなに簡単なものではなく、ハンドバッグやネックレス、お面、冠、蝶、カモメなどを作ります。

求める能力は「一連の作業指示を覚ることができる」「道具を器用に使うことができる」の2点です。

簡単に言い換えると「精神年齢がどのくらい高いかを見せてもらいますよ」という試験です。

工作対策にエスポワールが用意してある道具は

(1)ハサミ

(2)糊(小学校で使う黄色い壺タイプ)

(3)スティック糊

(4)ホッチキス

(5)一穴パンチ、二穴パンチ

(6)絵の具と筆

(7)マジックペン、フェルトペン、クーピー、クレヨン、色鉛筆、鉛筆

用意してある材料は

(1)色画用紙各種、白厚紙

(2)折り紙、千代紙、不織布、おはながみ

(3)モール

(4)リボン各種、いろいろな紐

(5)スズランテープ

(6)セロハンテープ(大・小)

(7)サランラップ

(8)カラーセロファン

(9)ストロー、紙皿、紙コップ、プラスチックコップ

覚えている限りで、これだけの道具と材料があります。物覚えの悪い私の記憶なので、もう少しあったかなと思います。

あまりにも道具と材料が多いので、大連載になりそうな気配となりました。工作がない学校も多いので、重要な点を簡単に解説します。

@ハサミについて

画用紙の中心に親が一筆書きで描いた、もみの木(クリスマスツリー)を線に沿って切らせてください。

右利きの人は全体を左回りに作業していますか。右回りでは綺麗に切れない上に時間が掛かります。

幼児なので、通常は一筆書きのように連続して切ります。ギザギザの輪郭を器用に切れますか。鋭角の切り返しは難しいですよね。

ハサミは最後まで閉じないで、途中で再び開きながら、チョキチョキと流れるように作業します。

切り口を見ただけで、指先の器用さが分かります。几帳面な性格なのか、おおざっぱな性格なのかも分かります。

但し、ハサミの経験不足が原因でも雑な切り方になるので、誤解される恐れもあります。

新年少(現3歳児)さんは、直線切り、ジグザグ線切りから始めましょう。チョッキンと最後まで閉じても構いません。

ハサミ経験のある新年中(現年少)さんは、波線、丸、三角、四角、星、車、家などを切って遊びましょう。

続きはまた明日。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.