小学校受験はエスポワール

 

 (第49回) 第2回アンケート(1/16)の集計結果

おはようございます。

今日は前回のアンケートの感想を簡単にご紹介します。

ほどほどの方から猛烈な方までいらっしゃいました。

「プライム講座」なら1日に2〜4単位で2巡目の真ん中あたりが平均的な進み具合でした。

プライムは講座は勉強嫌いにさせないカリキュラムなので、決して他の問題集などを併用しようとせずに、このままのペースで進めてください。焦らなくても大丈夫です。

「入試カレンダー(全12冊)」or「ウォチャーズ(全15冊)」or「ひとりでとっくん365(全12冊)」を使って学習されている方は、1日に10枚が平均的な学習量でした。

最も学習量が多かったのは上記以外の問題集をも含めて1日に30枚でした。それはお子様の脳が既にできあがっている為に可能であって、マネする必要はありません。

平均的な学習時間は、前回の30分〜1時間の間よりも増えて1時間〜1時間半の間でした。

最も学習時間が長かったのは1日に2時間半でした。

学習の時間帯は降園後に暫くしてからが最も多く、共働きの場合は朝の出勤前が多かったです。

1日1時間強10枚前後が平均値ですが、これが多いか少ないかと言うと、平均月齢の新年長さんの1月現在では丁度良いと思います。

使用している問題集(年齢別の入試カレンダーを除く)は主に新年長向けなので、新年中(現年少)さん、新年少(現3歳児)さんはマネをしませんように。

個々の能力にもよるのですが、能力以上の問題集を与えてペーパーアレルギーを起こしてしまうと、この先の長い人生に悪影響を与えてしまうからです。

このまま頑張れば、巷で10万円はすると言われる春期講習は不要です。8月に50万円以上する夏期講習も、9月〜10月に50万円以上する直前講習も要りません。

最終的な合格に結びつくかは別問題ですが、数万円分の市販の問題集を終わらせて、数回の模試さえ受ければ、どんなにペーパーが難しい小学校でも楽々とペーパーのボーダーラインだけは突破できます。

1日に1時間。焦らずにコツコツです。

解らない問題は答えに至る道筋を解説して、とんどん飛ばして2巡、3巡と繰り返してください。答えを覚えてしまうまで繰り返すのがコツです。

勉強は明るく楽しくが一番。私もそうですが、あなたも学生の時にそう思いませんでしたか?

子供には正反対のことをしていませんよね。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.