小学校受験はエスポワール

 

 (第40回) 台所で使う道具を覚えよう

おはようございます。

息子とドライブに行くときは、きまって童謡を合唱します。

先日は「た〜こ〜、た〜こ〜、あ〜がれ〜」と『凧あげの歌』を歌いました。

後日、スーパーの魚売り場にあった蛸(タコ)の絵を指さして『凧あげの歌』を歌い出したのです。

息子は意味を知らずに歌っていたのでした。

これはイカンということで、その日のうちに和凧と凧糸を買い込んだのですが、お正月は風がなくて未だに揚げていません。

他には我が家にはない「こたつ」の存在を初めて知り驚いていました。

幼児はこうした未知のモノだけではなく、身近なモノの名称さえ知らないことが多々あります。

台所にあるモノでも、親はわざわざ口に出して言わないので、見たことはあっても名前が分からないものばかりです。

しゃもじ・お玉・菜箸・すり鉢・計量カップ・計量スプーン・両手鍋・片手鍋・土鍋・まな板・箸置き・ざる・スポンジ・たわし、など。

台所だけではなく、家の中を見回すと「えっ、そういう名前なんだ」というモノがたくさんあるのです。

「これは何という名前か分かりますか?」「これは何ですか?」と聞いてください。

「これは○○です」と答えさせてください。「これは」と「です」は決して省いてはいけません。

「あれは」に対しては「あれは○○です」になります。

ついでですが、このオウム返しで回答する習慣があると面接でも役立つのです。

「いつもお母様と何をして遊びますか?」

「いつもお母様とあやとりをして遊んでいます」

「最近お父様に叱られたことは何ですか?」

「最近お父様に叱られたことはお片付けを忘れてしまったときです」

オウム返しで話す習慣があると、返す言葉が長くなるので賢く見えます。

そして、質問を復唱している間、考えるための時間稼ぎができるのです。

話は大きく脱線しましたが、今日は「台所用品」の名前は全部覚えましょう。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.