小学校受験はエスポワール

 

 (第30回) こんな姿もしっかりと見られている

おはようございます。

エスポワールに新しく加わったお友達も、1ヶ月半も経ったので、だいぶ馴れてきたようです。

この教室には、ご挨拶でもご紹介しましたが、細かい掟がたくさんあります。

最初はどのお子様も戸惑います。

今日は、その中から「ありがとう」と「ありがとうございます」、それから「ごめんね」と「いいよ」をご紹介します。

教室では先生の補助はリーダー(日直)さんが行います。

リーダーさんはハサミや糊、ホチキスなどを姿勢の良いお友達から順に配ります。

ハサミを「どうぞ」と言って渡し、「ありがとう」と言って受け取ります。全員に配り終えたら、次は糊を配ります。

配る物の数だけ「どうぞ」「ありがとう」の繰り返しです。

基本中の基本のことですが、入室間もない頃には、黙って受け取ってしまうお子様がいます。

また、「ありがとう」が言えても、先生から渡される時も同じく「ありがとう」と言ってしまうお子様もいるのです。

先生から渡されたら「ありがとうございます」と言い換えて、お友達の時は「ありがとう」と臨機応変に使い分けなければなりません。

実際の入試でも「どうぞ」と「ありがとう(ございます)」は、あらゆる場面で使う機会があります。

プリントやペンや工作道具を配られたとき、運動で次のお友達にボールを手渡すときと受け取るとき、また、自由遊びなどです。

入試では、それができるお子様が高く評価されるのではなく、誰もができて当然だと思っています。

黙って渡したり、黙って受け取ったりする方が、逆にひどく「目立つ」のです。

自分からお友達にぶつかったら、間髪入れずに「ごめんね」です。目上の者に対しては「ごめんなさい」と言います。

謝罪を受けたら「いいよ」です。目上の者に対しては「大丈夫です」と言います。

「どうぞ」「ありがとう」、「ごめんね」「いいよ」は、毎日毎日、教室の至る所から子供たちの声が聞こえます。

受験で合格するには、あらゆる分野で相当な努力を要しますが、こんな基本中の基本ができないだけで、いとも簡単に落とされてしまうのです。

それでは、胸にグサッときたママやパパもいるとは思いますが、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。また来週。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.