小学校受験はエスポワール

 

 (第23回) カレンダー学習法で白百合学園に強くなる

おはようございます。

エスポワールの新年長さんの11月と12月はカレンダー学習の強化月間です。

授業の最初の10分間はカレンダーの時間です。

「今日は何月何日何曜日ですか?」が基本です。

「ジュウニガツ・イツカ・スイヨウビ・デス」と答えなければなりません。ゴニチではありませんよね。

ツイタチ・フツカ・ミッカなどの特殊な読み方、全ての曜日とその逆唱、カレンダーの数字の並び順も学びます。

今は「昨日は何月何日何曜日ですか?」「明日は・・・」「おとといは・・・」「あさっては・・・」このあたりを学習中です。

その後はカレンダーを見ないで答えます。

次の段階は「今度、エスポワールに来るのは何月何日何曜日ですか?」「前回、エスポワールに来たのは何月何日何曜日ですか?」

更に難しくなって「今日を3月1日(日曜日)とします。では、その昨日は何月何日何曜日ですか?」

もっともっと難しくなって「一週間前の日の明後日(あさって)は何月何日何曜日ですか?」

これは、最初に 【今日】 を考えます。次に 【一週間前】 を考えます。更にその日の 【あさって】 を考えます。3回続けて考えないと答えは出せません。

このように連続して考えないと答えが出せないトレーニングを積むと、白百合学園などの、ひねった引っかけ問題に冷静に対処できるようになります。

『そもそも、幼児の脳は未熟なので、短絡的に答えを出したがるのです』

このトレーニングはお話の記憶にも強くなります。また、思考力が高まるので精神年齢も上がるのです。

この練習はかなり高度ですので、すぐに理解させようと無理強いしないでください。エスポワールではこれだけに2ヶ月(毎回10分)も費やすのです。

過度に授業の中身をバラすと、通学生の保護者からやんわりと「お静かに」とお叱りを受けるので、今日のところはこのへんで。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.