小学校受験はエスポワール

 

 (第19回) 船場吉兆より悪質な塾の合格実績

おはようございます。

昨日は東京の名門小学校における厳しい受験事情をご紹介しました。

今日は幼児教室について書きます。皆さんが教室を選ぶときに参考にするものが2つあると思います。

一つは合格実績。もう一つは評判です。

ホームページで探すと「幼稚舎(慶應大)15名合格」とか「雙葉8名合格」と載っていると、素晴らしい教育環境だと思って、そこへ通わせたくなりますよね。

世間では黄金律なるものがあります。「2割の上得意様が売り上げの8割を占める」「2割の優秀な営業マンが、その会社の8割の売り上げを上げる」などです。

大手の幼児教室も同じです。「2割の優秀なお子様が、名門小の8割の合格実績を占める」のです。大手の分母はケタ違いですから、華美な実績に惑わされてはいけません。

中小の幼児教室の実績はどうなのか。この業界は件の赤福よりも船場吉兆よりも比べものにならないくらいに悪質です。

生徒数が30名で「慶應3名、雙葉3名、早稲田3名・・・」この時点でアウトかな。入室テストの競争率が4倍以上ならお話は別です。

不特定多数の中からお子様を集めて、教室が最大限の努力をしても3校合わせて1名か2名が妥当な線です。

しかし、中小は嘘をつかないと死活問題。慶應を載せないと慶應志望者は来ません。聖心を載せないと聖心志望者は全く来ないのです。

正直でいると誰も来ないのでたちまち倒産します。

逆にネットの世界では嘘を載せただけで大勢が押しかけて来て商売繁盛です。

だから手を染めてしまうのです。

エスポワールは合格実績を聞かれても毎年お断りしていました。今年は問い合わせが多かったので世間の重圧に負けて初めて載せました。

しかし、勉強も教えずに行動観察だけの教室が合格実績をカウントするのは、おこがましいと感じているので今年限りでやめようかなと考えています。

ちなみに、エスポワールの実績を公正取引委員会に通報しても、いつでも全合格者の連絡先リストを提出できる用意があります。

今回もあまり触れたくない話題でしたが、入試1年前の今のうちに書かせて頂きました。

明日は掲示板での評判です。ネガティブな話題はこれが最後です。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.