小学校受験はエスポワール

 

 (第12回) 保育園児が入試に不利な理由

おはようございます。

昨日のメルマガは刺激になりましたか。さて、今日は幼稚園児と保育園児の違いをお話しします。

どちらかが悪いというものではなく、それぞれのメリットとデメリットを知った上で志望校攻略のプランを練ってください。

幼稚園には一斉保育と自由保育があります。保育園は認可保育園、無認可保育園があります。東京には認証保育園なるものもあります。

エスポワールの入室試験の姿を見て、座る姿勢が素晴らしく、お喋りをせず、お行儀が素晴らしいお子様に多いのは一斉保育の園児です。

1分と椅子に座れなかったり、椅子からズッコケてみたり、座りながら大股を開いたり、先生に遠慮なく話し掛けたりする子は自由保育の園児や保育園児に多い傾向があります。

ここにある物で自由に遊んでいいよという指示で楽しく遊べるのが保育園児や自由保育の園児です。

自由にの指示なのに、これを使ってもいいですかと一つ一つ先生の顔色を見て許可を取るのが一斉保育の傾向です。

先生をお友達として見るのが保育園児や自由保育の園児で、先生を数段上に見るのが一斉保育の園児です。

あくまでも全体的な傾向であって、例外もあり、個人差もあります。

自由保育の受験に対する最大のデメリットは長時間、椅子に座れないことなので、その対策としてはマイデスクとマイチェアを買い揃えるしかありません。

足がブラブラする座面の高い椅子はダメです。インターネットで「幼児用机」で検索するとたくさん出てきます。

文字数オーバーなので続きはまた明日。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.