小学校受験はエスポワール

 

 (第8回) 学習院に有利なお稽古ごと!?

おはようございます。

今日もお稽古ごとの続きです。昭和の時代は子供にヴァイオリンを習わせるのが裕福なご家庭の象徴とされていました。

ヴァイオリンを習わせていますと面接で言うだけで合格できた学校もあるという噂もあったほどです。今ではどこのご家庭でも習わせることができます。

今、平成のセレブさんたちのお子様の間で密かなブームになっているのは「能」や「雅楽」などの日本の伝統芸能です。

学習院を受けた人の中に習っているお子様が何名かいましたが、直接的に合否に影響を与えているとは思えません。それとも、ものすごく影響力を持つ方に師事すれば良い事があるのかも定かではありません。所詮は噂の域です。

しかし、目の付け所はさすがだなぁと思います。面接で習い事は何ですかと聞かれたときに「お能です」と言われると、私なら身を乗り出して、この子はどんな家柄のお子様なのだろうと顔をマジマジと見てしまいます。

競争が熾烈な東京では、お稽古ごと一つをとっても受験と密接に関係しているのです。皆さんはあえてマネをする必要はありませんよ。私の息子はスイミングクラブと決めています。娘ならどうしよう・・・「お能」かな。(冗談です)

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.