小学校受験はエスポワール

 

(第1回) 1年間に250時間

おはようございます。

携帯版メールマガジンの第1回目の配信となります。

東京では11月1日の私立小学校入試の集中日が終わり、合否が判明する時期となりました。合格発表は概ね11月3日から7日です。エスポワールへも立教、東洋 英和、白百合と合格便りが届き始めたようです。

さて、皆さんは来年ですよね。これからの1年間は長いようでとても短いので、準備に抜かりがないようにしてください。入試に必要な学習時間はペーパー校で25 0時間です。ペーパー校とはペーパー試験が出る学校です。

当たり前と思うかもしれませんが、実はペーパー試験がない学校も少なくはないのです。慶應も立教も青山学院もペーパーはありません。しかし、殆どの女子校では 難易度の高いペーパー試験があります。その問題が解けるようになるには250時間の学習時間が必要なのです。

250時間という時間は月曜日から金曜日まで、毎日1時間を1年間続けた学習量です。勿論、概念や知識の習得にはお子様の性格や月齢などの個人差は生じます。 教え方の上手下手も関係しますが、外国語の習得と同じで、これくらいの時間を掛ければ、このくらいはマスターできるだろうという目安です。

幼児教室に通えば合格できると思いますか。受験に精通している親御さんは幼児教室に通うだけで合格できるとは思っていません。例外なく、家庭で必要な学習時間 を稼いで、幼児教室はペースメーカーとしての位置付けや親のモチベーションを高めるために通わせています。

幼児教室に1年間通っても、週に1時間では年間で50時間、週に2時間でも100時間にしかなりません。それでは、具体的にどのような学習プランが必要なのか は明日のメルマガに続きます。

それでは、今日も素晴らしい一日をお過ごしください。

(メルマガ担当:上田トモヤ)


ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる

Copyright(C) 2006 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.