小学校受験はエスポワール

 

一筆箋

今日は短文になりますが、とても重要なことを書くつもりです。エスポワールには数百名の通信制講座の会員がいます。また百名以上の通学制の生徒さんもいます。エスポワールの各担任や担当者は毎日数多くの方とメールや手紙で遣り取りをしていますが、その中で「この母の子はきっと合格するかも」と思う方々がいます。

それは文章がとても丁寧な方です。用件だけで済むような場合でも、時候の挨拶から始まり、お礼の挨拶に続き、結びの挨拶まで丁寧に綴っています。親御さんから見るとエスポワールの担任や担当は1名でも、担任や担当から見ると数多くの中のお一人となります。きっちりとしたメールや手紙を書ける方の合格率は(正確に集計はしていませんが)高いと肌で感じています。

特に「一筆箋」を見事に扱える方の合格率は極めて高いと思います。

多くのお母様はほんの十数年前まではキャピキャピとした女子大生だったわけで、麗しき深窓の令嬢ではなかったはずです。しかし、どこで覚えたのか結婚したり、子供ができたりすると一筆箋をしたためる方がでてきます。不思議です。

丁寧な文章(ハートが通じる文章とも言います)を書くお母様も残念な結果に終わることもあります。幼児が受ける入試なので何が起きるかも分かりませんし、こればかりは仕方がありません。

余計なことを書きましたが、お受験するお母様の殆どの方が丁寧な文章を書きます。しかし、その逆だとこの世界では目立ってしまいます。

(メルマガ担当:トモヤ)



ホームページのトップに戻って他の記事も読んでみる


Copyright(C) 2010 ESPOIR Corporation All Rights Reserved.